ホーム 
組織の概要 
研究活動 
研究業績
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
2003年
2002年
対外活動 
お知らせ 
 サイトマップ
参考文献
ホーム研究活動 > 研究業績

研究業績


2012年

原著

  1. Uno K, Okuno K, Hamuro J Intracellular glutathione in monocytes are useful biomarker of immune status of tumor bearing patients The European Journal of Clinical & Medical Oncology, (2012) 4(3), 21-26
  2. Miyata H, Uno K, Ono T, Yashiro M, Fukatsu A, Kita T, Kimura T, Muso E. Low density lipoprotein apheresis ameliorates interferon-γ production in patients with nephrotic syndrome. Ther Apher Dial. 2012 Apr;16(2):189-94
  3. Nagata K, Maruyama K, Uno K, Shinomiya K, Yoneda K, Hamuro J, Sugita S, Yoshimura T, Sonoda KH, Mochizuki M, Kinoshita S. Simultaneous Analysis of Multiple Cytokines in the Vitreous of Patients with Sarcoid Uveitis. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012 May 15
  4. Takahashi T, Muro S, Tanabe N, Terada K, Kiyokawa H, Sato S, Hoshino Y, Ogawa E, Uno K, Naruishi K, Takashiba S, Mishima M. Relationship between periodontitis-related antibody and frequent exacerbations in chronic obstructive pulmonary disease. PLoS One. 2012;7(7):e40570. Epub 2012 Jul 11.
  5. .Aihara K, Handa T, Nagai S, Tanizawa K, Ikezoe K, Watanabe K, Chihara Y, Harada Y, Yoshimura C, Oga T, Ozasa N, Uno K, Chin K, Mishima M  Impaired endothelium-dependent vasodilator response in patients with pulmonary fibrosis. Respir Med. 2012 Oct 25. doi:pii: S0954-6111(12)00369-1. 10.
  6. Yamanishi Y, Ito-Ihara T, Nagao T, Uno K, Kobayashi S, Muso E, Shane PY, Firestein GS, Hashimoto H, Okazaki T, Suzuki K.  Clinical features of patients with anti-neutrophil cytoplasmic autoantibodies targeting native myeloperoxidase antigen. Mod Rheumatol. 2012 Oct 21
  7. Aihara K, Oga T, Chihara Y, Harada Y, Tanizawa K, Handa T, Hitomi T, Uno K, Mishima M, Chin K.  Analysis of systemic and airway inflammation in obstructive sleep apnea. Sleep Breath. 2012 Jun 7
  8. Asahina A, Uno K, Fujita H  Sequential occurrence of pemphigus vulgaris and palmoplantar pustulosis: Possible role of cytokine profile Acta Dermato-Venereologica, Acta Derm Venereol. (2012) 2012 Jan;92(1):89-904.
  9. Ishikawa T, Kokura S, Sakamoto N, Okajima M, Matsuyama T, Sakai H, Okumura Y, Adachi S, Yoshida N, Uchiyama K, Handa O, Takagi T, Konishi H, Wakabayashi N, Yagi N, Ando T, Uno K, Naito Y, Yoshikawa T. Relationship between circulating cytokine levels and physical or psychological functioning in patients with advanced cancer. Clin Biochem. 2012 Feb;45(3):207-11
  10. 宇野賀津子 低線量放射線の生体への影響と食の重要性:福島での市民向け講演会の経験から 基研研究会「原子力・生物学と物理」 素粒子論研究 vol.132012
  11. 藤田晢也 ヒトがんの発生と放射線との接点に関する問題提起 基研研究会「原子力・生物学と物理」 素粒子論研究 vol.132012
  12. 宇野賀津子 低線量放射線の生体への影響と食の重要性〜低線量放射線と対峙して生きる“を支える〜 Schneller No.84,2012. Autumn 
  13. .山田 稔、手越達也、谷川真理、八城博子、浜畑昌代、吉川尚男、橘裕司、所 正治、張 栄済 赤痢アメーバ感染症の2例:Entamoeba dispar 感染にヒトブラストシスチスおよび小形アメーバが検出されたブラジル人症例と回盲部に潰瘍を認めた無症候性E.histolytica 感染の日本人症例 Clinical Parasitology Vol.23 No.1 (2012)

著書

20世紀科学技術の発展は女性の生活をどう変えたか 「性差の科学最前線」性差の科学編集委員会編 p17-23 電子ブック2012     https://most-keep.jp/keep25/toolkit/uploads/dir_m-toya_kdp_biglobe_ne_jp/seisa.pdf

学会発表

<国際会議・シンポジウム>

  1. Uno K, Muso E, Ito-Ihara T, Omatsu Y, Yagi K, Inaba K, Suzuki K  Dysfunction of IFN system causes susceptibility to infection in patients with MPO-ANCA-associated vasculitis 3.28-31 Asia Pacific Meeting of Vasculitis and ANCA Workshop 2012(東京)
  2. .Fujita S   50 years of the Matrix Cell Research The 14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry, 2012.8.29(京都)
  3. Uno K, Tsuchihashi Y, Yagi K, Aoyagi N, Tanigawa M, Yoshizaki K  Comparison of serum cytokine/chemokine level in healthy individuals, influenza and Castleman‘s disease patients: Using beads based multi-plex assay to determine diseases specific cytokine /chemokine pattern 10th Joint Conference of the International Cytokine Society and the International Society for Interferon and Cytokine Research(ジュネーブ)
  4. Sakamoto N, Kokura S, Ishikawa T, Okayama T, Yoshida N, Katada K, Kamada K, Uchiyama K, Takagi T, Handa O, Konishi H, Yagi N, Naito Y.  Plasma VEGF Levels Correlate with IFN-gamma Secretion Ability in Patients with Unresectable Digestive Cancer. Asian Pacific Digestive Week 2012, December 5-8, Bangkok, Thailand
  5. Kitada N, Kokura S, Sakamoto N, Tanigawa M, Yamanaka K, Iefuji M, Kogiso M, Okuno R, Hoshi Y, Nabekura Y, Yoshikawa T  Assessments of quality of life contribute to risk management of patients who receive weekly hyperthermia.  The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2012.August 28-31, Kyoto
  6. Kuwata T, Kokura S, Sakamoto N, Tanigawa M, Fujinaka N, Hori M, Kimura T, Yoshikawa T  The relation between the power range of hyperthermia and clinical outcome - Retrospective study in patients who received regional hyperthermia  The 11th International Congress of Hyperthermic Oncology, 2012.August 28-31, Kyoto

<国内学会・研究会>

  1. 東 賢一、内山巌雄、高野裕久、谷川真理、東実千代、萬羽郁子、井上正雄、四方田聡、吉川敏一「化学物質過敏症有訴者に対する匂いによる嗅覚刺激が脳血流変化に及ぼす影響」第82回日本衛生学会 2012.3.25 京都大学
  2. 宇野賀津子、佐瀬卓也永井滋一、岡崎恵子、佐藤文代、長谷部光泉、宮崎真、木村吉秀、越川孝範、志水隆一 低線量放射線の生体への影響克服への道:抗加齢医学の視点から 2012.6.22 - 24 12回抗加齢医学会総会 
  3. 東 賢一、内山巌雄、高野裕久、谷川真理宇野賀津子、広瀬 恢、吉川敏一 化学物質過敏症有訴者の免疫機能評価と居住環境調査」  第21回日本臨床環境学会 2012.6.1-2 (南魚沼)
  4. .山田 稔、手越達也、大道寺 智、中屋隆明、谷川真理、八城博子、吉川尚男、橘 裕司、所 正治 Entamoeba dispar感染にヒトブラストシスチス及び小形アメーバが検出されたブラジル人症例と回盲部に潰瘍を認めた無症候性E. histolytica感染の日本人症例 第23回日本寄生虫学会 2012.6.23東京女子医大
  5. 宇野賀津子 低線量放射線の生体への影響と食の重要性:福島での市民向け講演会の経験から  2012.8.10 京都大学 基研主導研究会
  6. 坂元直行、石川 剛、古倉 聡、内藤裕二 切除不能進行膵癌対する治療戦略と集学的治療の展望 - 化学・hyperthermia・免疫併用療法の可能性 2012.09.0197回消化器病学会近畿支部例会 シンポジウム2 「進行膵癌に対する治療戦略の現状と展望」
  7. 福家 暢夫、 惇子赤谷  、福井 雄一郎、佐々木 恵理加、矢嶋 信浩 レチノイン酸と乳酸菌の併用はヒト単球様細胞株KG-1およびヒト末梢血単球由来樹状細胞においてCD103<sup>+</sup>細胞の割合を増加させる  2012.10.16日本食品免疫学会 (東京) 
  8. 水道裕久友藤孝明、江國大輔、東  哲司、入江浩一郎、遠藤康正、山本龍生、石角  篤、鳥居佳代、佐藤雄彦、赤谷    惇子、森田   高コレステロール負荷ラットにおける乳酸菌発酵ブロッコリーの抗酸化作用並びに歯周病予防効果  2012.10.20日本栄養食糧学会近畿大会(神戸)
  9. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、岡山哲也、足立聡子、土屋礼子、岡嶋 学、松山竜三、吉川敏一 切除不能進行膵癌おける末梢血IFNγ産生能測定の有用性について 2012.10.25-2750回日本癌治療学会学術集会 
  10. Uno K, Tsuchihashi Y, Yagi K, Iwahashi M, Tanigawa M, Aoyanagi N, Yoshizaki K  Comparison of serum cytokine/chemokine level in healthy individuals, influenza and Castleman‘s disease patients: Using beads based multi-plex assay to determine diseases specific cytokine /chemokine pattern 2012.11.16-17 18MPO研究会 芝蘭会館別館
  11. Yoshizaki K, Iwahashi M, Yokota S, Uno K  Biomarkers to Predict Outcome of Anti-cytokine therapy in patients with Rheumatoid Arthritis and Kawasaki Disease using Multi-Plex Analysis 2012.11.16-17 18MPO研究会 芝蘭会館別館
  12. Tanigawa M, Azuma K, Uno K, Azuma M, Banba I, Takano H, Uchiyama I Profiles of immunological function tests among patients with the so-called multiple chemical sensitivity 2012.12.4-6 41回日本免疫学会学術集会 神戸国際会議場
  13. Uno K, Muso E, Ito-Ihara T, Inaba K,Yasuda Y, Suzuki K
    Dysfunction of IFN system
    causes susceptibility to infection in patients with MPO-ANCA- associated vasculitis 2012.12.4-6 41回日本免疫学会学術集会 神戸国際会議場

講演会

  1. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性:福島での経験から』 女性研究者の会新春懇談会(東京)
  2. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性:福島での経験から 放射線は怖い?』(大阪府立大学)
  3. 谷川真理『メタボリック症候群』(職員研修、精華町役場)
  4. 藤田晢也『がんとその予防』(府立洛北高校付属中学校 特別講義)
  5. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 福島市)
  6. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(全農福島JA 福島市)
  7. 宇野賀津子『低線量放射線の影響と科学者の役割:福島での学習会経験から』 シリーズ 東日本大震災にまつわる科学 ― 第7回公開講演討論会(京都大学 理学部 セミナーハウス 基礎科学研究所)
  8. 藤田晢也『癌の生物学』(同志社大学 特別講義)
  9. 宇野賀津子 (京都大学人間健康科学科 特別講義)
  10. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(JASSサイエンスカフェ,大阪)
  11. 宇野賀津子『低線量放射線と対峙して生きる〜福島での学習会経験から〜』 (関西労災病院)
  12. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』 (福島県消費生活課・消費者庁食の安心・安全アカデミー コラッセ福島)
  13. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』 (福島県消費生活課・消費者庁 食の安心・安全アカデミー 郡山市労働福祉会館)
  14. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』 (うねめ保育園 子供の未来を守るネットワーク)
  15. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 伊達市)
  16. 谷川真理 『新入職員のためのメンタルヘルス』(職員研修、精華町役場)
  17. 宇野賀津子『低線量放射線の影響:福島の現状をふまえて』(東大阪市民会議)
  18. 長谷川武夫『黒酵母発酵液の生理活性』(郡山市 市民交流プラザ)
  19. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 南相馬市)
  20. 宇野賀津子他『放射線の生体への影響克服への道:抗加齢医学の低線量視点から』 (第12回抗加齢医学会総会)
  21. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 相馬市)
  22. 宇野賀津子『低線量放射線と対峙して生きるを支える』(國學院大學)
  23. 長谷川武夫『黒酵母発酵液の特徴』(一光化学株式会社 岡山)
  24. 宇野賀津子『福島支援プロジェクトに参加して 「原子力・生物学と物理」プレ・コンファレンス~私たちに何ができるか~ 』(京都大学)
  25. 長谷川武夫 『原子力・生物学と物理』基研主導研究会2012(京大湯川記念館)
  26. 藤田晢也『ヒト癌の発生と放射線の接点に関する問題提起』(京大基礎物理研 特別講演)
  27. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性:福島での市民向け講演会の経験から』(京都大学 基研主導研究会)
  28. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(子供の未来プロジェクト 郡山市)
  29. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(子供の未来プロジェクト 会津若松市)
  30. 谷川真理 『働き盛りの女性の心と体』(職員研修、精華町役場)
  31. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(健康管理室 フォローアップ研修 福島市)
  32. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性 みわけてみよう抗酸化食品 大人の為の放射線教室』(京都大学理学部 セミナーハウス)
  33. 谷川真理 『呼吸器機能検査を理解する』(職員研修、ファルコ)
  34. 谷川真理 『職場のメンタルヘルス~ハラスメントについて~』(消防職員研修、精華町消防署)
  35. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』:親の為の放射線学習会 伊達市
  36. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 いわき市)
  37. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』 (健康管理室 フォローアップ研修 郡山市)
  38. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』 (食の安心・安全アカデミー ホテルサンルートプラザ福島)
  39. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(伊達市)
  40. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 会津若松市)
  41. 宇野賀津子 『低線量放射線の生体への影響と食の重要性:福島の今』 (同志社女子大学人間生活学科公開講演会)
  42. 藤田晢也 『府立医大は140年にては成らず』 (京都府立医科大学創立140年記念祝賀式典 記念講演) 宇野賀津子 『低線量放射線の影響と食の重要性』 (母子向け、低線量放射線から健康を守るための食のあり方、放射線学習会 白河市 中央保健センター)
  43. 宇野賀津子 『低線量放射線の影響と食の重要性』 (一般向け、低線量放射線から健康を守るための食のあり方、放射線学習会 白河市 中央保健センター)
  44. 宇野賀津子 『低線量放射線の影響と食の重要性』 (母子向け低線量放射線から健康を守るための食のあり方、放射線学習会 白河市 大信保健センター)
  45. 宇野賀津子 京大原子炉でのホールボディ検査と学習会
  46. 宇野賀津子『女性とは何か』(京都大学人間健康科学科 特別講義)
  47. 谷川真理 『腰痛予防』(職員研修、精華町役場)
  48. 宇野賀津子『低線量放射線の生体への影響と食の重要性』(日赤福島 福島市)


2011年


原著

  1. Yasuda Y, Shimoda T, Uno K, Tateishi N, Furuya S, Tsuchihashi Y, Kawai Y, Naruse S, Fujita S Temporal and sequential changes of glial cells and cytokine expression during neuronal degeneration after transient global ischemia in rats Journal of Neuroinflammation 2011, 8:70
  2. Izumo T, Maekawa T, Ida M, Kishi A, Akatani K, Kitagawa Y, Kiso Y. Effect of Lactobacillus pentosus S-PT84 ingestion on IFN-α production from plasmacytoid dendritic cells by virus stimulation.  Biosci Biotechnol Biochem. 2011;75(2):370-2.
  3. Ishikawa T, Kokura S, Sakamoto N, Matsumoto T, Funai J, Adachi S, Okayama T, Uchiyama K, Handa O, Takagi T, Yagi N, Ando T, Uno K, Naito Y, Yoshikawa T Adoptive cellular therapy enhances the helper T cell response and reduces the number of regulatory T cells EXPERIMENTAL AND THERAPEUTIC MEDICINE 2: 737-743, 2011
  4. Kamide Y, Utsugi M, Dobashi K, Ono A, Ishizuka T, Hisada T, Koga Y, Uno K, Hamuro J, Mori M Intracellular glutathione redox status in human dendritic cells regulates IL-27 production and T cell polarization  Allergy. 2011 Sep;66(9):1183-92. doi:10.1111/j.1398-9995.2011.02611.x. Epub 2011 May 5.
  5. Onomoto K, Morimoto S, Kawaguchi T, Toyoda H, Tanaka M, Kuroda M, Uno K, Kumada T, Matsuda F, Shimotohno K, Fujita T, MurakamiY  Dysregulation of IFN System Can Lead to Poor Response to Pegylated Interferon and Ribavirin Therapy in Chronic Hepatitis C.  PLoS ONE May 2011,Vol.6 ,Issue 5 ,e19799
  6. Sakamoto N, Kokura S, Ishikawa T, Tanigawa M, Naito Y, Yoshikawa T.  Selecting Patients for Hyperthermia Treatment Based on Patient Backgrounds Thermal Medicine  June, 51-60, 2011  Vol.27, No.2.
  7. 宇野賀津子八木克巳谷川真理、吉川敏一、藤田晢也  健常人におけるIFN-α産生能と加齢の影響 Pasken J (2008/2009) Vol.21/22 P1-4
  8. 村田圭一郎宇野賀津子 インターフェロン産生能測定のためのELISA法、BioPlex法によるインターフェロン量測定の比較検討 Pasken J (2008/2009) Vol.21/22 P10-12
  9. 宇野賀津子 あなたと隣のHIV ウォームアップクイズ:「ほんとうに知っている?HIVのこと」と「やってみようどこでも使える実践ワーク」によるエイズ予防教育の試み Pasken J (2008/2009) Vol.21/22 P42-48
  10. 宇野賀津子 「今、再び」インフルエンザにインターフェロン: The preventive effect of human interferon-alpha on influenza infection; Modification of clinical manifestations of influenza in children in a closed community.1982の再検討 Pasken J (2008/2009) Vol.21/22 P5-9
  11. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子立石成人古谷誠一藤田晢也 顔面神経切断と一過性前脳虚血後のIba1NG2の発現についての比較検討 Pasken J (2008/2009) Vol.21/22 P19-28
  12. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子土橋康成立石成人古谷誠一藤田晢也 脳障害とサイトカイン Pasken J (2008/2009) Vol.21/22 P29-41
  13. 宇野賀津子 私たちの身体を守るインターフェロンシステム Schneller 2011, No.77 新年冬号,12-17
  14. 宇野賀津子 免疫とアンチエイジング アンチエイジング 総合臨床 2011 Vol.60,No.3 343-350
  15. 宇野賀津子 低線量放射線の生物への影響と食の重要性 農業と経済 2011 9月号 p.44-52
  16. Ishikawa T, Kokura S, Sakamoto N, Okajima M, Matsuyama T, Sakai H, Okumura Y, Adachi S, Yoshida N, Uchiyama K, Handa O, Takagi T, Konishi H, Wakabayashi N, Yagi N, Ando T, Uno K, Naito Y, Yoshikawa T.  Relationship between circulating cytokine levels and physical or psychological functioning in patients with advanced cancer.  Clin Biochem. 2012 Feb;45(3):207-11. Epub 2011 Sep 21.
  17. Phung TT, Sugamata R, Uno K, Aratani Y, Ozato K, Kawachi S, Thanh Nguyen L, Nakayama T, Suzuki K. Key role of regulated upon activation normal T-cell expressed and secreted, nonstructural protein1 and myeloperoxidase in cytokine storm induced by influenza virus PR-8 (A/H1N1) infection in A549 bronchial epithelial cells. Microbiol Immunol. 2011 Dec;55(12):874-84. doi: 10.1111/j.1348-0421.2011.00396.x.
  18. Okuno K, Uno K Efficacy of orally administered Lentinula edodes mycelia extract for advanced gastrointestinal cancer patients undergoing cancer chemotherapy: a pilot study.Asian Pac J Cancer Prev. 2011;12(7):1671-4

.
学会発表

<国際学会・シンポジウム>

  1. Horinaka M, Yoshida T, Kishi A, Akatani K, Yasuda T, Kouhara J, Wakada M, Sakai T.  Lactobacillus plantarum induces TRAIL production and facilitates natural killer activity against cancer cells  The102nd American Association for Cancer Research, Florida, April 2-6, 2011
  2. Muso E, Uno K, Ihara T, Suzuki K  Effect of IVIg monotherapy on “cytokine and chemokine storm” in acute phase of MPO-ANCA positive microscopic polyangiits(MPA) 15th International Vasculitis & ANCA Workshop. May 15-18, 2011, in Chapel Hill, North Carolina
  3. Tsuchihashi Y  Expanding Application of Digital Pathology in Japan -from Education, Telepathology to Autodiagnosis:  Diagnostic Pathology, 2011, 6(Suppl 1):S19 Proceedings of the 10th European Congress on Telepathology and 4th International Congress on Virtual Microscopy.
  4. .Tsuchihashi Y  Possibilities of Digital Navigation Systems for Pathology Diagnosis 1st International Conference of International Academy of Digital Pathology, Canada, Aug. 3-5, 2011
  5. Uno K, Muso E, Ito-Ihara T, Suzuki K Impairment of IFN-αproduction, peripheral plasmacytoid dendritic cell number and susceptibility to MPO-ANCA-associated glomerulonephritis and vaculitis 9th Joint Conference of the International Cytokine Society and the International Society for Interferon and Cytokine Research, Italy, Oct. 9-11, 2011
  6. Fuke N, Kishi A, Akatani K, Fukui Y, Yoshikawa T, Yajima N  Lactic acid bacteria cooperatively increase proportion of CD103+ cell with retinoic acid both in the human dendritic-like cell line KG-1 and human monocyte-derived dendritic cells British society for immunology congress 2011 (Liverpool, UK) Dec.5-8, 2011


<国内学会・研究会>

  1. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、大野尚仁、三浦典子、亀岡洋祐、鈴木和男 人工ガンマグロブリンの力価判定と安全性:in vitoro評価 ヒトのサイトカインシステムの検討とその測定系を用いた人工γグロブリンの評価法の確立  平成22年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬研究事業、第2回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立」成果発表会 2011.1.14(東京)
  2. 武曾恵理、立石悠、垣田法子、古宮俊幸、岩崎由加子、猪原登志子、佐藤有紀、米本智美、米倉由利子、塚本達雄、宇野賀津子、鈴木和男 免疫グロブリン治療の新たな段階:ANCA陽性で全身血管炎を呈さない腎生検症例の解析 平成22年度厚生労働科学研究費補助金 政策創薬研究事業 第2回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立」班会議 2011.1.14(東京)
  3. 亀岡洋祐、小浦美奈子、内田敬子、竹内喜久子、松田潤一郎、長尾朋和、宇野賀津子、大野尚仁、鈴木和男 ヒトmonovalent-hScFvの評価検討 第16MPO研究会2011.1.28(仙台)
  4. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、鈴木和男 ヒトのサイトカイン産生能と疾患特性、個人特性の検討 16MPO研究会2011.1.28(仙台)
  5. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、谷川真理、内藤裕二、吉川敏一 ハイパーサーミアにおける患者背景とQOLの関係についての検討 日本消化管学会 2011.02.18-19
  6. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、谷川真理、内藤裕二、吉川敏一 進行胃癌患者の診療でEORTC QLQ C-30問診表が果たす役割 日本消化管学会 2011.02.18-19
  7. 土橋康成 デジタル顕微鏡画像を用いた病理自動診断補助システム開発とその応用可能性」第100回日本病理学会総会 2011.4.28-30(横浜)
  8. 宮澤顕輝、長谷川武夫、高橋徹、山本五郎、武田和、小林省吾、武田寛子、武田力 温熱療法によるリンパ球療法および分子標的治療の増強 32回癌免疫外科研究会 2011.5.20(和歌山)
  9. .Uno K, Yagi K, Tanigawa M, Yoshikawa T, Fujita S  Aging effects on human type I IFN system: generalized linear mixed model analysis of longitudinal study for 24 years  76回日本インターフェロン・サイトカイン学会/第19回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム 2011.5.25-27(大阪)
  10. 土橋康成 シンポジウム:明日の遠隔病理・画像診断 遠隔病理診断の歴史と問題点 21回がん臨床研究フォーラム 2011.5.27(東京)
  11. 宇野賀津子八木克巳谷川真理吉川敏一藤田晢也 ヒトインターフェロンシステムと加齢—24年間のデータベースの混合モデルによる縦断的解析 11回抗加齢医学会総会 2011.5.27-29 (京都)
  12. 長谷川武夫、山本五郎、高橋徹、谷川真理吉川敏一 最近のハイパーサーミア戦略 ~薬剤取込増強と宿主免疫の活性~ 17回国際癌治療増感研究会 2011.6.24-25(仙台)
  13. 長谷川武夫、山本五郎、宇野賀津子岸惇子安田ゐう子、高橋徹、谷川真理吉川敏一 マイルド・ハイパーサーミアによるがん治療の増感効果 13回関西ハイパーサーミア研究会 2011.7.2(京都)
  14. 吉田華奈、長谷川武夫、宮澤顕輝、武田和、武田寛子、高橋徹、山本五郎、小林省吾、武田力 温熱療法による分子標的治療の増感 13回関西ハイパーサーミア研究会 2011.7.2(京都)
  15. 川合ゆかり メタボリックシンドロームに対する運動療法がアディポサイトカインに及ぼす影響 第30回臨床運動療法研究会 2011.8.27(横浜)
  16. 長谷川武夫定元慎太郎宇野賀津子安田ゐう子岸惇子吉川敏一 マイルド・ハイパーサーミアによる免疫能活性 28回日本ハイパーサーミア学会 2011.9.8-10(愛知)
  17. 武田力、宮澤顕輝、長谷川武夫、高橋徹、山本五郎、武田和、小林省吾、吉田華奈、武田寛子 温熱療法による免疫療法の増感 28回日本ハイパーサーミア学会 2011.9.8-10(愛知)
  18. 上田公介、前田二美子、長谷川武夫 進行性尿路上皮癌に対する低濃度抗癌剤併用局所ハイパーサーミアの効果 28回日本ハイパーサーミア学会 2011.9.8-10(愛知)
  19. 木村敏郎、古倉 聡、坂元直行、石川 剛、谷川真理、藤仲直美、桑田知邦、堀 真人、内藤裕二、吉川敏一 当院における切除不能進行胃癌に対する温熱化学療法の現状について28回日本ハイパーサーミア学会 2011.9.8-10(愛知)
  20. 坂元直行、古倉 聡 切除不能進行胃癌に対する温熱化学療法における加温と患者背景の特徴について 28回日本ハイパーサーミア学会 2011.9.8-10(愛知)
  21. 坂元直行、古倉 聡 切除不能進行膵臓癌に対する温熱化学療法の現状と今後の展望 28回日本ハイパーサーミア学会 2011.9.8-10(愛知)
  22. 土橋康成 会長講演:テレパソロジーから病理情報学への発展を目指して 10回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会 2011.9.9-10(京都)
  23. 長谷川武夫宇野賀津子岸惇子谷川真理、高橋徹、吉川敏一 マイルド・ハイパーサーミアによる抗がん剤取込増強と抗腫瘍効果の増強 70回日本癌学会学術総会 2011.10.3-5 (名古屋)
  24. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、谷川真理、藤仲直美、桑田知邦、堀 直人、木村敏郎、内藤裕二、吉川敏一 切除不能進行膵臓癌に対する温熱化学療法の現状と今後の展望 70回日本癌学会学術総会 2011.10.3-5 (名古屋)
  25. 山下剛範、前原常弘、佐藤充則、長谷川武夫、具 然和 がん治療における誘導加温の効果 70回日本癌学会学術総会 2011.10.3-5 (名古屋)
  26. 坂元直行、古倉 聡 進行消化器癌患者における血漿VEGFと末梢血サイトカイン産生能・制御性Tリンパ球との関連についての検討 19回日本消化器関連学会週間 2011.10.20-23(福岡)
  27. 石川 剛、坂元直行、古倉 聡 末梢血サイトカインプロファイルからみた膵癌の悪性度―特にQOLに関しての検討― 19回日本消化器関連学会週間 2011.10.20-23(福岡)
  28. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、鈴木和男 MPO-ANCA関連血管炎患者のIFNシステム不全と感染抵抗性 17MPO研究会 2011.10.25-26(熊本)
  29. 坂元直行、古倉 聡 進行消化器癌患者における血漿VEGFと末梢血サイトカイン産生能・制御性Tリンパ球との関連についての検討 49回日本癌治療学会学術集会 2011.10.27-29(名古屋)
  30. .Uno K, Tanigawa M Aging effects on human type I IFN system: linear mixed model analysis of 24 year longitudinal study 第40回日本免疫学会 2011.11.27-29(幕張)
  31. Phung TT, Sugamata R, Uno K, Ozato K, Kawachi S, Nakayama T, Suzuki K. MPO and NS-1 modulate cytokinew/chmokines induced by influenza A H1N1 virus via down-modulation of excessive immune responses in mice40回日本免疫学会 2011.11.27-29(幕張)
  32. Utsugi M, Dobashi K, _Uno K, Hamuro J Intracellular glutathione redox status in human dendritic cells regulates IL-27 production and T cell polarization. 40回日本免疫学会 2011.11.27-29(幕張)
  33. Kudo D, Uno K, Ishi K, Kushimoto S, Kawakami K Anti-inflammatory and therapeutic effects of interferon-a in a mouse model of acute respiratory distress syndrome. 40回日本免疫学会 2011.11.27-29(幕張)
  34. 福家暢夫、岸惇子、福井雄一郎、矢嶋信浩 Retinoic acid and lactic acid bacteria cooperatively increase CD103+/CD103 cell ratio in human dendritic-like cell line KG-1 and monocyte-derived dendritic cells 40回日本免疫学会 2011.11.27-29(幕張)
  35. 武田力、長谷川武夫、吉田華奈、宮澤顕輝、高橋徹、山本五郎、武田和、小林省吾、武田寛子 温熱療法(ハイパーサーミア)による免疫療法の増強 24回日本バイオセラピィ学会学術総会 2011.12.1-2(和歌山)
  36. 宇野賀津子 インターフェロンシステムとエイジング 公益財団法人 ひと・健康・未来研究財団 第9回女性研究発表会 2011.12.3(京都)

 講演会

  1. 谷川真理 『腰痛予防』(京都 精華町役場 給食調理員研修会)
  2. 谷川真理 『メタボリック症候群』(京都 精華町役場 職員研修会)
  3. 谷川真理 『教職員のメンタルヘルス』(京都 精華町役場 職員研修会)
  4. 宇野賀津子『災害時の心のケアに学ぶ そして今、私に出来ることは何かを考える』 (229回生き甲斐療法京都学習会 長岡京市)
  5. 藤田晢也『がんとは何か~あなたにできるがん予防』(第5回がんと認知症患者と在宅医療・介護を考える会、静岡)
  6. 藤田晢也『病理学と病因論』(同志社大学、生命医科学研究会特別講義)
  7. 宇野賀津子20世紀科学の発展は女性のライフサイクルをどう変えたか』(京都大学人間健康科学科特別講義)
  8. 宇野賀津子『免疫力を測って、健康管理に生かそう!』(同志社大学)
  9. 谷川真理『新人のメンタルヘルス』(新人研修、精華町役場)
  10. 宇野賀津子『低線量放射線の影響:生体が獲得してきた放射線から身を守るシステム』 (理化学研究所)
  11. 宇野賀津子『多項目ビーズアレイの可能性と現時点での限界 120%の結果を引き出すためにLuminixテクノロジーセミナー〜ガン・免疫・代謝研究を加速するMultiplex Assayとその応用〜』(東京コンファレンスセンター品川) 
    宇野賀津子
    『末梢血でどこまで解かる免疫機能』(62回大和免疫・アレルギー研究会 近畿大学医学部奈良病院)
  12. 谷川真理『女性の健康』(女性職員研修、精華町役場)
  13. 宇野賀津子 シリーズ 東日本大震災にまつわる科学 - 第1回公開講演討論会 『放射線はどれくらい怖いか ~低線量放射線の生物への作用を検証する~ がんリスクと免疫の役割』(京都大学理学部セミナーハウス)
  14. 宇野賀津子『がん、老化、放射線と対峙するヒトの免疫機構』(ゆうゆう会 岡山)
  15. 宇野賀津子『低線量放射線の影響』(いわき3地区での学振放射線計測 説明会反省会 大阪大学先端イノベーシンセンター)
  16. 谷川真理『食中毒予防』(職員研修、精華町役場)
  17. 谷川真理『ストレスって何?』(消防研修、精華町消防署)
  18. 宇野賀津子『低線量放射線の影響と食の重要性』(JA白河)
  19. 宇野賀津子20世紀科学の発展と女性役割の変化』(女性研究者技術者全国シンポジウム)
  20. 宇野賀津子『低線量放射線の生物への影響と食の重要性』(放射線から健康を守る学習会 日本学術振興会 産学協力研究事業に係る説明会チーム、白河市
  21. 宇野賀津子21世紀を生きるあなたへ:理系を目指すあなたへのメッセージ』(立命館守山高校)
  22. 宇野賀津子『低線量放射線の生物への影響と食の重要性』(放射線から健康を守る学習会 日本学術振興会 産学協力研究事業に係る説明会チーム、白河市)
  23. 谷川真理『女性の健康』(職員研修、精華町役場)
  24. 宇野賀津子『女性とは何か』(京都大学人間健康科学科 特別講義)
  25. 宇野賀津子女と男を決めるのは何か? 心と体と社会の進化』(JASSサイエンスカフェ)
  26. 宇野賀津子『低線量放射線の生物への影響と食の重要性』(放射線から健康を守る学習会 日本学術振興会 産学協力研究事業に係る説明会チーム、白河市)
  27. 宇野賀津子 シリーズ 東日本大震災にまつわる科学-第6回公開講演討論会 再び低線量放射線の影響を考える 『"放射線の健康影響、放射性物質の除染に関する説明班" に加わって福島での経験から』(京都大学 基礎物理学研究所)

 その他

  1. 長谷川武夫(監修) フクシマ原発事故対策必携ガイド、近代消防ブックレットNo.22、発行所:近代消防社、2011年8月22日発行
  2. 宇野賀津子 20世紀科学の発展は女性の生活をどう変えたか 性差の科学編集委員会編 (編者)「性差科学の最前線」


2010年


原著

  1. Tominaga M, Uno K,Yagi K, Fukui M, Hasegawa G, Yoshikawa T, Nakamura N  Association between capacity of interferon-α production and metabolic parameters.  J IFN cyokine Res. J Interferon Cytokine Res. 2010 vol 30, No.7, 35-38.   
  2. Uno K, Yagi K, Tanigawa M, Murata K, Fujita S, Yoshikawa T  AGEING EFFECTS ON HUMAN TYPE I IFN SYSTEM IN HEALTHY SUBJECTS, Cytokine, 2010 52 p.58
  3. Uno K, Okuno K, Kato T, Tada-Oikawa S, Kan N, Saotome H, Yagi K, Hamuro J Pre-operative Intracellular Glutathione Levels of Peripheral Monocytes as a Biomarker to Predict Survival of Colorectal Cancer Patients. Cancer Immunol Immunother. 2010 Oct ; 59(10) :1457-65.
  4. Horinaka M, Yoshida T, Kishi A, Akatani K, Yasuda T, Kouhara J, Wakada M, Sakai T. Lactobacillus strains induce TRAIL production and facilitate natural killer activity against cancer cells.actobacillus  FEBS Lett. 584 (2010) 577-582
  5. 宇野賀津子 インターフェロン-α、β、γ 日本臨床63巻増刊号8 広範囲血液・尿化学検査 免疫学検査その数値をどう読むかー[第7版]p96-101, 2010
  6. 土橋康成、杉原洋行、宗 寛之、服部隆則 高度のリンパ管侵襲を示した胃粘膜癌の一例に関する形質発現解析  日本病理学会会誌 第99巻第1, pp258, 2010
  7. 宇野賀津子八木克巳谷川真理吉川敏一藤田晢也 健常人におけるIFN-α産生能と加齢の影響 PasKen J Vol.21-22,1-4, 2010
  8. 宇野賀津子  「今、再び」インフルエンザにインターフェロン  PasKen J Vol.21-22,5-9, 2010
  9. 村田圭一郎宇野賀津子  インターフェロン-γ産生能測定のためのELISA法、BioPlex法によるインターフェロン-γ量測定の比較検討  PasKen J Vol.21-22,10-12, 2010
  10. 出雲貴幸、井田正幸、前川敏宏、岸惇子赤谷薫、北川義徳、吉川敏一、木曽良信健常者の免疫機能に対するLactobacillus pentosus S-PT84 株摂取の効果 PasKen J Vol.21-22,13-18, 2010
  11. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子立石成人、古谷誠一、藤田晢也  顔面神経切断と一過性前脳虚血後のIba1NG2の発現についての比較検討  PasKen J Vol.21-22,19-28, 2010
  12. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子土橋康成立石成人、古谷誠一、藤田晢也   脳障害とサイトカイン PasKen J Vol.21-22,29-41, 2010
  13. 宇野賀津子  あなたと隣のHIV  PasKen J Vol.21-22,42-48, 2010

学会発表

<国際学会・シンポジウム>

  1. .Ishikawa T, Kokura S, Sakamoto N, Matsumoto T, Funaki J, Adachi S, Okayama T, Yoshida N, Uchiyama K, Takagi T, Handa O, Konishi H, Wakabayashi N, Yagi N, Tanigawa M, Uno K, Naito Y, Yoshikawa T.  Adoptive T Cell Therapy Shifts the Secretion Ability of Cytokines to Th1 and Decreases the Number of Tregs in Patients with Cancer. 101st  American Association for Cancer Research (AACR), 2010 Apr 19; Washington, DC, USA.
  2. Tsuchihashi Y, Ogi H, Sakuyama T and Nomura A  Development of an Automatic Diagnostic Aid System for Prostate Carcinoma:10th European Congress on Telepathology and 4th International Congress on Virtual Microscopy.  2nd, July, 2010 Radisson Blue Hotel Lietuva, Vilnius, Lithuania 
  3. Tsuchihashi Y   Plenary Session: Expanding Application of Digital Pathology in Japan -from Education, Telepathology to Autodiagnosis:10th European Congress on Telepathology and 4th International Congress on Virtual Microscopy.  2nd, July, 2010 Radisson Blue Hotel Lietuva, Vilnius, Lithuania
  4. Uno K, Yagi K, Muso E, Tominaga M, Ihara T, Tanigawa M, Hasegawa G, Fukui M, Murata K, Nakamura N, Yoshikawa T, Suzuki K, Fujita S  Effect of age and diseases on Human Type I IFN System 2010.8.22-27 14th International Congress of Immunology, Kobe Japan
  5. Sakamoto N, Kokura S, Ishikawa T, Tanigawa M, Naito Y, Yoshikawa T  Treatment acceptability study of hyperthermia derived from patients’ background: A retrospective analysis. 2010.8.25-27  9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society, Gifu
  6. .Ishikawa T, Kokura S, Sakamoto N, Funaki J, Adachi S, Matsumoto T, Matsuura Y, Okayama T, Yoshida N, Uchiyama K, Takagi T, Handa O, Konishi H, Wakabayashi N, Yagi N, Naito Y, Uno K, Yoshikawa T.  Impact of adoptive T cell therapy on the cytokines production and the number of Treg in peripheral blood of patients with cancer.  9th International Conference of The Asian Clinical Oncology Society, 2010 Aug 26; Gifu.
  7. Takeda T, Miyazawa K, Takeda T, Takahashi T, Hasegawa T, Takeda H  Hyperthemia enhanced immunotherapy for cancer patients: 984 clinical cases and basic data. The 5th Asian Congress of Hyperthermia Oncology(ACHO) & The 27th Japanese Congress of Thermal Medicine(JCTM) at Fukuoka City,Japan. 2010 September 10-11, Centennial Hall, Kyushu University, School of Medicine
  8. Hasegawa T, Takahashi T, Sadamoto S, Sadamoto K, Yamamoto I, Hasegawa T, Yoshikawa T  The study of enhancement of the chemotherapy by mild-hyperthermia  The 5th Asian Congress of Hyperthermia Oncology(ACHO) & The 27th Japanese Congress of Thermal Medicine(JCTM) at Fukuoka City,Japan. 2010 September 10-11, Centennial Hall, Kyushu University, School of Medicine
  9. Uno K, Yagi K, Tanigawa M, Murata K, Fujita S, Yoshikawa T  Ageing Effects on Human Type I IFN System in Healthy Subjects  2010 Joint Meeting of the International Cytokine Society (ICS) and the International Society for Interferon and Cytokine Research (ISICR) 2010.10.2-2010.10.9 Chicago
  10. Kawai K, Yasuda Y, Tateishi T, Umeda M, Watanabe Y, Higuchi T, Furuya S, Naruse S, Fujita S, C Tanaka Detection of signal enhancement in the hippocanpus after transient global ischemia World Molecular Imaging Congress  2010, Oct. 9-11, Kyoto
  11. Sadamoto S, Hasegawa T, Sadamoto K, Takahashi T, Takeo Hasegawa, Enhancement of Anti-tumor Effects for Chemotherapy by Increased Drug Uptake with Mild Hyperthermia. 2010 International Congress of Oriental Pathology  Oct. 27, Central Library, Kyung hee University, Seoul, Korea
  12. Sadamoto K, Hasegawa T, Sadamoto S, Takahashi T, Hasegawa T,  Enhancement of Anti-tumor Effects for Immune Activity by Mild Hyperthermia. 2010 International Congress of Oriental Pathology, Oct. 27, Central Library, Kyung hee University, Seoul, Korea
  13. Hasegawa T, Sadamoto S, Sadamoto K, Hasegawa T, Takahashi T  The Enhancement of an Anti-tumor Effects for the Immunotherapy by the MildHyperthermia. 2010 International Congress of Oriental Pathology, Oct. 27, Central Library, Kyung hee University, Seoul, Korea


<国内学会・研究会>

  1. Muso E, Uno K, Iwasaki Y, Tateishi, Komiya T, Ihara T, Suzuki K IVIg therapy for acute phase MPO-ANCA positive systemic vasculitis-New horizon of therapy with evidence of suppressive effect on acute cytokine and chemokine storm-第2回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立」班会議(千葉)2010.1.15-16
  2. 岸惇子 ラブレ菌と腸内細菌との相互作用に関する免疫学的検討 カゴメ情報交換会・乳酸菌コンサーシャム(東京)2010.2.26
  3. 堀中 真野;吉田 達士;岸 惇子赤谷  ;甲原 純二;酒井 敏行 乳酸菌によるTRAIL発現誘導に着目した癌の分子標的予防  80回日本衛生学会 (仙台)2010.5.10
  4. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、土橋康成、鈴木和男 サイトカイン・ケモカインパネル測定と、疾患プロファイル 第1回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立班会議(横浜)2010.5.14-15
  5. 武曾恵理、宇野賀津子、岩崎由加子、猪原登志子、立石悠、古宮俊幸、鈴木和男MPO-ANCA陽性MPAの急性期におけるサイトカイン・ケモカインの相互関係の解析と炎症逆相関性物質の検出、およびこれらへのIVIg療法の影響の検討 第1回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立班会議(横浜)2010.5.14-15
  6. 富永真澄、宇野賀津子八木克己、福井道明、長谷川剛二、吉川敏一、中村直登  IFN-α産生能と代謝因子 第53回日本糖尿病学会年次学術集会(岡山)2010.5.27-29 
  7. 宇野賀津子 未病先防:インターフェロン・サイトカインシステム測定の有用性 シンポジウム「免疫と老化の最前線」 第10回抗加齢医学会総会(京都) 2010.6.11-13
  8. 岸 惇子谷川 真理 坂元 直行 古倉  内藤裕二 藤田晢也 吉川敏一  ヒト健常人におけるNKG2Dを介したMICA/B発現の解析  第10回抗加齢医学会総会(京都) 2010.6.11-13 
  9. 宇野賀津子 ヒトIFNシステム不全と感染抵抗性、癌抵抗性 シンポジウム「私たちの身体を守るインターフェロンシステム」 第75回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2010.6.25-26
  10. 高橋珠紀、室 繁郎、寺田邦彦、宇野賀津子、星野勇馬、小川恵美子、成石浩司、高柴正悟、三嶋理晃 血清歯周病抗体価とCOPD(慢性閉塞性肺疾患)増悪との関連性 第75回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2010.6.25-26
  11. 堀中 真野; 吉田 達士; 酒井 敏行、甲原 純二、岸 惇子赤谷 薫  乳酸菌はヒト末梢血リンパ球からTRAIL産生を誘導することで、ヒト癌細胞に対する細胞傷害活性を増強する  日本がん予防学会(札幌)2010.7.16 
  12. Sakamoto N, Kokura S, Ishikawa T, Tanigawa M, Fujinaka N, Kuwata T, Hori M, Kimura T, Naito Y, Yoshikawa T  Various ideas to approach on patient’s care when we undertake hyperthermia by medical team.  27回日本ハイパーサーミア学会(福岡)2011.9.11
  13. Hori M, Kokura S, Sakamoto N, Ishikawa T, Tanigawa M, Fujinaka N, Kuwata T, Kimura T, Naito Y, Yoshikawa T  The relation between the RF output and the temperature of circulating water in the bolus during hyperthermia.  第27回日本ハイパーサーミア学会(福岡)2011.9.11
  14. 宇野賀津子谷川真理、吉川敏一 健常人、癌からの長期生存者、末期癌患者のIFN-α産生能の個人史の比較(Comparison of IFN-alpha production in healthy subjects, long term cancer survivors and non-survivors)  第69回日本癌学会学術総会(大阪) 2010.9.22-24 
  15. 堀中 真野、吉田 達士、岸 惇子、甲原 純二、安田 考志、酒井 敏行  乳酸菌によるヒト末梢血リンパ球からのTRAIL発現誘導とヒト癌細胞に対する細胞傷害活性の増強   第69回日本癌学会学術総会(大阪) 2010.9.22-24
  16. 土橋康成、橋本行正、高嶋 徹、梅原美穂、内田 宏、高松輝賢、東福寺幾夫  特別企画”ワークショップ” よりよい遠隔医療の実践をめざして  京都府におけるテレパソロジーの実践と運用ガイドラインの意義  第9回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会(三島)2010.9.25 
  17. 土橋康成、橋本行正、高嶋 徹、梅原美穂、内田 宏、高松輝賢、東福寺幾夫  我が国のテレパソロジー技術の発展に関する一考察 第9回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会(三島)2010.9.25
  18. 土橋康成、荻 寛志、作山 努、野村昭寛  デジタルマップによる癌自動診断補助ソフトの開発と応用:第1報  第9回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会(三島)2010.9.25
  19. .山下 剛範、前原 常弘、佐藤 充則、長谷川武夫、具 然和、 がん治療における誘導加温の効果。第69回日本癌学会(大阪)2010.9.22-24
  20. 武田 力、長谷川武夫、宮澤 顕輝、高橋 徹、山本 五郎、武田 和、小林 省吾、武田 寛子、 温熱療法と他の治療(活性化リンパ球、分子標的治療薬)との併用効果について 23回日本バイオセラピィ学会(大阪)2010.12.9-10
  21. 河合祐子、安田ゐう子立石成人、梅田雅宏、渡邊康晴、樋口敏宏、古谷誠一成瀬昭二藤田晢也、田中忠蔵  一過性全脳血による海馬におけるグリア活性の検討  日本各共鳴医学会(つくば)2010.9.30
  22. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、谷川真理、内藤裕二、吉川敏一  進行胃癌患者診療におけるEORTC QLQ C-30問診表の有用性  日本消化器病学会大会(横浜) 2010.10.13
  23. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、谷川真理、内藤裕二、吉川敏一  ハイパーサーミアにおける患者背景とQOLの関係とその臨床的意義について  48回日本癌治療学会(京都)2010. 10.30
  24. 岡嶋 学、古倉 聡、石川 剛、坂元直行谷川真理、松本次弘、舟木 準、足立聡子、岡山哲也、吉田直久、内山和彦、髙木智久、半田 修、小西英幸、若林直樹、八木信明、内藤裕二、宇野賀津子、吉川敏一  活性化リンパ球療法の末梢血サイトカイン産生能と末梢血Tregへの影響  23回日本バイオセラピー学会学術集会総会(大阪)2010.12.9
  25. 坂元直行、古倉 聡、石川 剛、谷川真理、内藤裕二、吉川敏一  ハイパーサーミアにおける治療前の患者背景・QOLと治療効果との関係 23回日本バイオセラピー学会(大阪)2010.12.9


講演会

  1. 谷川真理 『腰痛予防』(京都 精華町役場 給食調理員の研修会)
  2. 藤田晢也 『脳38億年の歴史~知能と道徳の進化』(洛北高等学校附属中学校特別講演)
  3. 藤田晢也 『抗加齢医学の基礎的知識と脳と心の進化とアンチエイジング』(日本抗加齢医学会講習会)
  4. 谷川真理 『メタボリック症候群』(京都 精華町役場 職員研修会)
  5. 谷川真理 『うつについて』(DMC講演会)
  6. 谷川真理 『新人のメンタルヘルス』(京都 精華町役場 新人研修会)
  7. 谷川真理 『女性の健康』(京都 精華町役場 女性職員研修会)
  8. 宇野賀津子 『免疫機能上げる方法教えますこころと免疫(東京大学 がん患者団体支援機構)
  9. 谷川真理 『腰痛予防』(京都 精華町役場 職員研修会)
  10. 宇野賀津子 『女と男、それを決めるのは何か 発生学・心理学・歴史学の視点から』(第19回北天満サイエンスカフェ)
  11. 坂元直行、石川 剛、古倉 聡、吉川敏一『体にやさしい抗癌治療』(京都 市民公開講座)
  12. 谷川真理 『メタボの話』(京都 精華町役場 職員研修会)
  13. 谷川真理 『中高年のメンタルヘルス』(京都 精華町役場 職員研修会)
  14. 谷川真理 『感染予防のための正しい知識』(京都老人ホーム)

健康講話(生きがい療法実践会)

  1.  藤田晢也 インフルエンザ予防のポイント
  2.  谷川真理 着物をたのしむ
  3.  木村準 ITよもやま話
  4.  宇野賀津子  免疫機能上げる方法教えます

  研究助成

  1. 学術振興会助成金基盤C 「IFN・サイトカインシステム検討による新型インフルエンザ重症化ハイリスク群の検証」(平成22年度から24年度)
  2. 厚生労働科学研究費(創薬基盤推進研究事業:政策創薬総合研究)分担研究者 平成20年度より継続
  3. 慢性リハビリテーション財団助成金 平成20年9月から継続中


2009年


    原著
  1. Uno, K, Okuno K, Yagi K, Hamuro J Prediction of overall survival through pre-operative blood plasma of colorectal cancer patients. 2009, Cytokine, 48 p.52
  2. Uno K, E Muso, T. Ito-Ihara, K.Yagi,S. Fujita, and K.Suzuki. Comparison of lasma cytokine/chemokine levels and IFN-alpha production capacity amongst healthy subjects, MPO-ANCA-positive MPA patients, IgA nephritis. APMIS 2009 June;117:136
  3. T. Ito-Ihara, E. Muso, S. Kobayashi, K.Uno, N. Tamura, Y.Yamanishi, A.Fukatsu, R. A. Watts, D.G.I. Scott, D.R.W. Jayne, K.Suzuki, and H.Hashimoto. A comparative study of the diagnostic accuracy of ELISA systems for the detection of anti-neutrophil cytoplasm antibodies available in Japan and Europe. APMIS 2009 June;117: 173
  4. Yasuda Y, Shimoda T,Uno K, Tateishi N, Furuya S, Fujita S. Temporal profile of cytokines and glial activation after mild four vessels occlusion: Neurosci Res.65:Supple 1. S222
  5. Tominaga M, Uno K,Yagi K, Fukui M, Hasegawa G, Yoshikawa T, Nakamura N Association between capacity of interferon-α production and metabolic parameters. J IFN cyokine Res. J Interferon Cytokine Res. 2010 vol 30, No.7, 35-38.
  6. 宇野賀津子 サイトカインハンティング:先頭を駆け抜けた日本人研究者達 2009 細胞工学11月号 Vol.28, No.11, 1113-1115 
  7. Horinaka M, Yoshida T, Kishi A, Akatani K, Yasuda T, Kouhara J, Wakada M, Sakai T. Lactobacillus strains induce TRAIL production and facilitate natural killer activity against cancer cells.actobacillus  FEBS Lett. 584 (2010) 577-582
  8. Hajime Hosoi, Naoki Nakazu, Eiichi Konishi, Yasunari Tsuchihashi et al.  A novel PAX3 rearrangement in embryonal rhabdomyosarcoma  Cancer Genetics and Cytogenetics 189,  pp 98-104, 2009
  9. 土橋康成  遠隔診断による迅速診断  Medical Technology 2009; 37(7): pp719-722
  10. 谷川真理 免疫療法IFNANKの取り組み消化器癌を中心に 日本癌病態治療研究会誌(W’Waves)、Vol 15(1)30322009
  11. 宇野賀津子 インターフェロン-日本臨床63巻増刊号8 広範囲血液・尿化学検査 免疫学検査その数値をどう読むかー[第7


学会発表

<国際学会・シンポジウム>

  1. Toshiko Ito-Ihara, Eri Muso, Shigeto Kobayashi, Kazuko Uno, Naoto Tamura, Yuji Yamanishi, Atushi Fukatsu, Richard A. Watts, David G. Scott, David R. Jayne, Kazuo Suzuki, and Hiroshi Hashimoto. A comparative study of the diagnostic accuracy of ELISA systems for the detection of anti-neutrophil cytoplasm antibodies available in Japan and Europe. 14th International Vasculitis and ANCA Workshop. Lund, Sweden. June 2009 [Poster No.T1]. 2009.
  2. Kazuko Uno, Eri Muso, Toshiko Ito-Ihara, Katsumi Yagi,Setusya Fujita, and Kazuo Suzuki. Comparison of plasma cytokine/chemokine levels and IFN-alpha production capacity amongst healthy subjects, MPO-ANCA-positive MPA patients, IgA nephritis. 14th International Vasculitis and ANCA Workshop. Lund, Sweden. June 2009 [Poster No.K5]:2009.
  3. Use of Virtual Slides in Japan, from Education to Telepathology.  Yasunari Tsuchihashi, Ikuo Tofukuji and Yoshihiro Matsuno.  Symposium 25  IT in Pathology, 22nd European Congress of Pathology,  Florence,  Sept 8th, 2009
  4. Uno, K, Okuno K, Yagi K, Hamuro J Prediction of overall survival through pre-operative blood plasma of colorectal cancer patients. 2009, Octber 18-21 Lisbon, Portugal

<国内学会・研究会>

  1. Kazuko Uno, Eri Mso, Toshiko Ito-Ihara, Kazuko SuzukiComparison of plasma cytokine/chemokine levels and IFN-α production capacity amongst healthy subjects, MPO-ANCA nephritis patients and IgA nephritis patients  人工グロブリン班会議 2009.1.9-10 (東京)
  2. 岸惇子:乳酸菌の免疫調節作用について  カゴメ情報交換会・乳酸菌コンソーシアム 2009.01.23(東京)
  3. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、鈴木和男 サイトカイン動態からみた、in vitro人工ガンマグロブリン評価系の確立 第1回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立」班会議(千葉)2009.5.15-16 
  4. 大野尚仁、三浦典子、長尾朋和、宇野賀津子、鈴木和男 人工ガンマグロブリンのin vitro評価法の確立にむけてのこれまでの成果と今後の見通し 第1回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立」班会議(千葉)2009.5.15-16 
  5. 武曾恵理、宇野賀津子、岩崎由加子、猪原登志子、立石悠、古宮俊幸、鈴木和男 MPO-ANCA陽性MPAへのIVIg療法前後での多様なサイトカイン・ケモカインの動向〜bioplex法による多種同時測定の検討〜 第1回「人工ガンマグロブリンの製剤化への安全性と臨床試験に向けた評価系の確立」班会議(千葉)2009.5.15-16
  6. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、八木克巳藤田晢也、鈴木和男 MPO-ANCA腎炎、IgA腎症患者、健常人の多項目サイトカイン・ケモカイン動態の比較 日本抗加齢医学会(東京)2009.5.28-30
  7. 武曾恵理、城謙輔、宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、鈴木和男 顕微鏡的多発血管炎における血中サイトカイン・ケモカインの特性-IgA腎症との対比-。第52回日本腎臓学会学術総会、平成2163日、横浜。
  8. 宇野賀津子 モノサイトのレドックス制御と抗腫瘍免疫応答 第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2009626, 27日京都
  9. 武曾恵理、宇野賀津子、鈴木和男 抗サイトカイン療法は血管炎症候群に臨床応用できるか?第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2009626, 27日京都
  10. 富永真澄、宇野賀津子八木克巳、福井道明、長谷川剛二、吉川敏一、中村直登 IFN-α産生能とメタボリック因子 第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2009626, 27日京都
  11. 安田ゐう子、下田泰治、宇野賀津子、立石成人、古谷誠一、藤田晢也一過性前脳虚血後の脳脊髄液中サイトカイン変動とグリアの動態 74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2009626, 27日京都
  12. 福井誠、万井正章、宇野賀津子、伊藤博夫 唾液中サイトカイン測定の健康診査への応用に関する研究 第74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2009626, 27日京都
  13. 石川剛、古倉聡、坂元直行谷川真理、松本次弘、舟木準、足立聡子、松浦、内藤裕二、宇野賀津子、吉川敏一 末梢血サイトカイン分泌能による担癌宿主免疫能の評価および養子免疫療法介入前後の変化についての検討 74回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 2009626, 27日京都
  14. 井田正幸、出雲貴幸、前川敏弘、岸 惇子赤谷 薫、北川義徳、木曽良信  Lactobacillus pentosus S-PT84株のヒトに対する免疫賦活作用 日本食品免疫学会(東京) 2009.5.26-27
  15. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、鈴木和男 MPO-ANCA腎炎、IgA腎症患者、健常人の血漿中多項目サイトカイン・ケモカイン動態の比較 第9回抗加齢医学会総会 2009528日、29日 東京
  16. 石川剛、古倉聡、宇野賀津子、坂元直行、谷川真理、松本、舟木、足立、松浦、内藤、吉川敏一 進行消化器癌患者における末梢血サイトカイン分泌能についての検討 18回日本癌病態治療研究会2009618日(木)~ 619日(金)福島
  17. 桑田知邦、谷川真理 他 ハイパーサーミアの実地臨床における問題点とその対策~よりよきハイーパーサーミアをめざして 第26回日本ハイパーサーミア学会(千葉) 2009.9.12
  18. 堀真人、谷川真理 他 ハイパーサーミアにおける治療認容性と身体的パラメーターとの関連についての検討 第26回日本ハイパーサーミア学会(千葉) 2009.9.12
  19. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子立石成人古谷誠一藤田晢也  一過性4血管梗塞後のサイトカインの経時的変化とグリアの活性化 32回日本神経科学大会(名古屋)2009.9.16-18
  20. Uno K, Okuno K Prediction of anti-tumor immunity and life prognosis through pre-operative blood plasma of colorectal cancer patients 68回日本癌学会学術総会 2009101-3日 横浜
  21. 土橋康成 「見る」テレパソロジーからバーチャルマイクロスコピーへの発展~病理診断のIT化の歴史、現状、そして近未来予測~  第98回日本病理学会総会 ワークショップ6 病理関連機器の開発・進歩とこれからの方向性 May 2nd, 京都 2009 日本病理学会誌 98 Suppl.1 p175
  22. 東福寺幾夫、土橋康成、松野吉宏 わが国の病理診断部門における情報共有基盤-IT化実態と今後の課題  第98回日本病理学会総会 シンポジウム6 がん診療の標準化と病理診断 May 3rd, 京都 2009 日本病理学会誌 98 Suppl.1 p156
  23. 土橋康成、高松輝賢、橋本行正、藤田晢也 バーチャルスライドを用いた一次的遠隔細胞診の課題に関する基礎的検討  第50回日本臨床細胞学会総会 June 28th, 東京、2009 日本臨床細胞学会誌 48 Suppl.1, p213
  24. 岡村ひろ子、土橋康成 他 判定および診断が困難であった子宮頚部・体部腫瘍の一例  第26回日本臨床細胞学会京都府支部学術集会 July 12th, 京都 2009
  25. 土橋康成 バーチャルスライドの病理診断学および組織細胞化学への応用性- 発展の経緯と将来展望 -  日本組織細胞化学会総会・学術集会 50周年記念大会 ・ シンポジウム3  Sept. 27th, 大津・ピアザ淡海, 2009 同学術集会予稿集 p50
  26. 坂元直行谷川真理、石川剛、古倉聡、内藤裕二、吉川敏一 がん細胞免疫療法のQOLに及ぼす影響について 47回日本癌治療学会(横浜) 2009.10.23
  27. 土橋康成 臨床細胞学におけるデジタル技術の応用拡大  第48回日本臨床細胞学会秋期大会 日独国際ワークショップ, Oct.31 福岡, 2009 日本臨床細胞学会誌 48 Suppl.2, p449
  28. 宇野賀津子、奥野清隆 モノサイトのレドックス制御と抗腫瘍免疫応答:末梢血で解る予後予測パラメーター バイオセラピイ学会 2009112627日 大阪
  29. Uno K, Muso E, Ito-Ihara T, Suzuki K Comparison of IFN-α systems amongst healthy subjects, MPO-ANCA nephritis patients, and IgA nephritis patients 15回 MPO研究会 20091178日 栃木
  30. K Uno, K Okuno, J Hamuro Prediction of overall survival through pre-operative blood plasma cytokine/chemokine/MMPs of colorectal cancer patients39回日本免疫学会学術集会2009122-4日 大阪

講演会

  1. 宇野賀津子『世界そして日本におけるHIV/AIDSの現況〜あなたと隣のHIV』(愛友会セミナー:愛友会明石病院)
  2. 谷川真理 『腰痛予防』(京都 精華町役場 職員研修会)
  3. 谷川真理 『ストレスの話』(DMC講演会)
  4. 谷川真理 『メタボリック症候群』(京都 精華町役場 職員研修会)
  5. 宇野賀津子 『女性の生殖サイクル』(京都大学医学部人間健康科学講義)
  6. 谷川真理 『新人のメンタルヘルス』(京都 精華町役場 新人研修会)
  7. 谷川真理 『女性の健康問題』(京都 精華町役場 女性職員研修会)
  8. 谷川真理 『食中毒予防』(京都 精華町役場 給食調理員研修会)
  9. 藤田晢也 『インターフェロンと新型インフルエンザ』(日本臨床細胞学会近畿連合会学術集会特別講演)
  10. 谷川真理 『メタボリック症候群』(DMC講演会)
  11. 谷川真理 『生活習慣病』(京都 精華町役場 職員研修会)
  12. 宇野賀津子 『20世紀科学の発展は女性のライフサイクルをどのように変えたか〜理系を目指し、21世紀を生きるあなたへのメッセージ〜 (集まれ!理系女子、福山大学於いて)
  13. 谷川真理 『感染症予防:インフルエンザと免疫』(京都老人ホーム 職員研修会)
  14. 宇野賀津子 『20世紀科学の発展と女性のライフサイクルの変化(京都大学医学部人間健康科学講義)
  15. 谷川真理 『管理職のためのメンタルヘルス』(京都 精華町役場 職員研修会)
  16. 谷川真理 『メタボリック症候群』(京都 私のしごと館 健康講話)
  17. 宇野賀津子 神戸大学若手女性研究者(理系)の研究最前線2009~プロジェクト奨励研究員研究発表会~(神戸)

Paskenセミナー

  1. 安田ゐう子 「脳虚血とグリア」
  2. 赤谷 薫 「培養細胞を用いた有用乳酸菌のスクリーニング」
  3. 河合裕子(明治国際医療大学)MRIでみる細胞から組織まで 
  4. Dr. Keiko Ozato (Lab. of  Molecular Growth Regulation. Program on Genomics of Differentiation, NICHD, NIH) Interferon production and dendritic cells

.

健康講話(生きがい療法学習会) 

  1. 望月 豊(レストランアラスカ会長) 多重ガンを乗り越えた食生活革命 
  2. 安田ゐう子 亡くなった友人からのたより 
  3. 津久井淑子 映画をみよう!~グランプリ受賞アニメを楽しむ~ 
  4. 宇野賀津子 何故、場における癌をみつめてなのか 
  5. 藤田晢也 インフルエンザとNK細胞 
  6. 鍋倉正信 ココロとカラダにやさしいライフスタイル 
  7. 伊丹仁朗、宇野賀津子、済陽高穂(西台クリニック)、谷川真理  公開講演会「あきらめないガン治療最前線~手を尽くした治療をめざして~」
  8. 宇野賀津子 再び、新型インフルエンザに打ち勝つために 
  9. 岸惇子 乳酸菌の免疫賦活作用 
  10. 津久井淑子 釜山国際映画祭より 
  11. 藤戸清三(NPO花と緑の救援隊理事長) ガーデニングよもやま話

 


2008年

  1. T. Ito-Ihara, E. Muso, S. Kobayashi, K. Uno, N. Tamura, Y. Yamanishi, A. Fukatsu, R.A. Watts, D.G.I. Scott, D.R.W. Jayne, K. Suzuki, H. Hashimoto  A comparative study of the diagnostic accuracy of ELISA systems for the detection of anti-neutrophil cytoplasm antibodies available in Japan and Europe,Clinical and Experimental Rheumatology, Nov-Dec;26(6),1027-33, 2008
  2. Yasuda Y, Shimoda T, Uno K, Tateishi N, Furuya S, Yagi K, Suzuki K, Fujita S. The effects of MPTP on the activation of microglia/astrocytes and cytokine/ chemokine levels in different mice strains. J Neuroimmunol. 204, 43-51,2008
  3. Uno K, Matsuzaki T, Yagi K, Hamuro J, Okuno K. Pre-operative Intracellular Peripheral Monocyte Glutathione Levels Correlate with
    anti-Tumor Immune-responses and Predict Overall Survival of Patients with Colorectal Carcinoma
    . Cytokine, Vol.43, 289, 2008
  4. Uno K,  Tominaga M, Hasegawa G, Fukui M, Yagi K, Tanigawa M, Fujita S, Yoshikawa T, Nakamura N. Multiple Cytokine/Chemokine Analysis Related to the Development of Impaired Glucose Metabolism and DM in Human Plasma. Ann Nutr Metab., Vol.53, 61, 2008
  5. Yasuda Y, Shimoda T, Uno K, Tateishi N, Furuya S, Yagi K, Suzuki K,Fujita S: The effects of MPTP on the activation of microglia/astrocytes and cytokine/chemokine levels in different mice strains  J Neuroimmunol 204:43-51, 2008.
  6. Nonaka Y, Izumo T, Izumi F, Maekawa T, Shibata H, Nakano A, Kishi A, AkataniK, Kiso Y: Antiallergic Effects of Lactobacillus pentosus Strain S-PT84 Mediated by Modulation of Th1/Th2 Immunobalance and Induction of IL-10 Production  Int Arch Allergy Immunol;145:249-257, 2008.
  7. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、八木克巳、鈴木和男 MPO-ANCA腎炎のサイトカイン・ケモカイン動態 PASKEN JOURNAL  Vol.20 1-5, 2007
  8. 宇野賀津子、富永真澄、長谷川剛二、福井道明、八木克巳谷川真理藤田晢也、吉川敏一、中村直登 境界型糖尿病から糖尿病への進展をサイトカイン・ケモカイン動態:多項目同時測定法による網羅的解析PASKEN JOURNAL Vol.20 6-11, 2007
  9. 宇野賀津子、富永真澄、長谷川剛二、福井道明、八木克巳藤田晢也、吉川敏一、中村直登.  2型糖尿病の発症過程におけるインターフェロン−α産生能の変化, PASKEN JOURNAL  Vol.20 12-18,2007
  10. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子立石成人八木克巳古谷誠一、鈴木和男、藤田晢也 マウスの免疫学的特性と1-methyl-4-phenyl-1,2,3,6-tetrahydropyridine(MPTP)感受性2007 PASKEN JOURNAL Vol.20 19-28, 2007
  11. 安田ゐう子下田泰治宇野賀津子立石成人古谷誠一藤田晢也 一過性前脳虚血再開通後海馬CA1におけるミクログリアの動態とNG2の発現         PASKEN JOURNAL Vol.20 29-41, 2007

学会発表

<国際学会・シンポジウム>

  1. Uno K, Matsuzaki T, Yagi K, Hamuro J, Okuno K. Pre-operative Intracellular Peripheral Monocyte Glutathione Levels Correlate with anti-Tumor Immune- responses and Predict Overall Survival of Patients with Colorectal Carcinoma. Montreal, Canada  (国際インターフェロン・サイトカイン学会:カナダ)
  2. Tsuchihashi Y, Takamatsu T, Hashimoto Y, Takashima T, Nakano K, and Fujita S :USE OF VIRTUAL SLIDE SYSTEM FOR QUICK FROZEN INTRA-OPERATIVE TELEPATHOLOGY DIAGNOSIS IN KYOTO, JAPAN  9th European Congress on Telepathology and 3rd International Congress on Virtual Microscopy. Toledo, Spain (テレパソロジー第9回欧州会議、第3回国際バーチャルマイクロスコピー学会:スペイン)

<国内学会・研究会>

  1. 大野尚仁、三浦典子、長尾朋和、宇野賀津子、鈴木和男  
    人工ガンマグロブリンのin vivoin vitroでの評価 安全なガンマグロブリン製剤開発人工ガンマグロブリン H19年度第二回班会議2008.1.18(千葉)
  2. 武曾恵理、城謙輔、宇野賀津子、猪原登志子、岩崎由加子、古宮俊幸、鈴木和男 顕微鏡的多発血管炎の腎病理所見と各種サイトカインの連動性の検討 安全なガンマグロブリン製剤開発人工ガンマグロブリン H19年度第二回班会議2008.1.18(千葉)
  3. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、八木克巳、藤田晢也、鈴木和男 MPO-ANCA腎炎のサイトカイン・ケモカイン動態: Bio-Plex法による網羅的解析 安全なガンマグロブリン製剤開発人工ガンマグロブリン H19年度第二回班会議2008.1.18(千葉)
  4. 宇野賀津子 :人工ガンマグロブリンのin vitro 評価系人工グロブリン基礎班会議 2008.5.27(東京)
  5. 武曾恵理、宇野賀津子、城謙輔、岩崎由加子、塚本達雄、古宮俊幸、糟野健司、鈴木和男:顕微鏡的多発血管炎の腎病理所見と各種サイトカインの連動性の検討51回日本腎臓学会学術集会総会 2008.5.30
  6. 宇野賀津子富永真澄長谷川剛二福井道明八木克巳谷川真理藤田晢也吉川敏一中村直登:
    境界型糖尿病から糖尿病進展に伴う、血漿中サイトカイン・ケモカインの変動
     第8回日本抗加齢医学会総会 2008.6.5-7(京都)
  7. 谷川真理鍋倉やす子保司洋子小木曽雅代西垣恭子宇野賀津子岸惇子藤田晢也
    IFNANK(インターフェロン活性化ナチュラルキラー)療法、悪性腫瘍に対する取り組み 第17回日本癌病態治療研究会 2008.6.26-27 
  8. 宇野賀津子,武曾恵理,猪原登志子,鈴木和男:免疫グロブリン: In vitro 評価系の検討とANCA腎炎に対するIVIg療法のサイトカイン動態の変化 人工グロブリン班会議 2008.6.27-28(千葉)
  9. 武曾恵理,城謙輔,宇野賀津子,猪原登志子,岩崎由佳子,古宮俊幸,鈴木和男:顕微鏡的多発血管炎における、血中サイトカイン・ケモカインのIgA腎症とのレベルの差異と、臨床・病理所見に関連する特異性の検討人工グロブリン班会議 2008.6.27-28(千葉)
  10. Kazuko Uno Nagano Interferon 50 year anniversary lecture:  Another Road to Interferon: Yasuichi Nagano’s Journey 73回日本インターフェロン・サイトカイン学会 2008.7.10-12(北海道)
  11. 宇野賀津子、松崎智彦、八木克巳、羽室淳爾、奥野清隆:無治療癌患者術前の単球グルタチオンindex、血漿サイトカインレベル、による予後予測 73回日本インターフェロン・サイトカイン学会 2008.7.10-12(北海道)
  12. 東福寺幾夫、土橋康成:テレパソロジー記録に基づく病理診断プロセスの可視化と解析の試み 
    7回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会 2008.9.5-6 (東京)
  13. 土橋康成、東福寺幾夫、白方秀二、中埜幸治、藤田晢也:遠隔病理診断の用途と有用性の評価-具体例の提示- 
    7回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会 2008.9.5-6 (東京)
  14. 宇野賀津子:MPO-ANCA腎炎、IgA腎症、健常人の血漿サイトカイン・ケモカインとIFN-α産生能の比較 
    14回MPO研究会 2008.10.24-25(東京)
  15. 猪原登志子、武曾恵理、小林茂人、宇野賀津子、田村直人、山西裕司、深津敦司、Richard Watts, David Scott, David Jayne:鈴木和男、橋本博史:日本・欧州におけるANCA測定法の違いに関する検討 α産生能の比較 第14回MPO研究会 2008.10.24-25(東京)
  16. Kazuko Uno, Kiyotaka OkunoPeripheral Monocyte GSH Indicates TIL existence in tumor islets and Overall Survival of Colorectal Carcinoma Patients  第67回日本癌学会学術総会 2008.10.28-30 (名古屋)
  17. 大野尚仁、三浦典子、長尾朋和、宇野賀津子、鈴木和男:In vitroでの評価系の確立と作用機序解析へのアプローチ 安全なガンマグロブリン製剤開発[人工ガンマグロブリン]成果発表会 2008.11.14 
  18. 宇野賀津子:シンポジウム13外国人HIV医療から見えてくる日本の国際化の課題  在日外国人医療体制の充実の為に 
    22回エイズ学会学術集会 2008.11.27  
  19. Kazuko Uno, Junnji Hamuro, Kiyotaka OkunoPre-operative Intracellular Glutathione Levels of Peripheral Monocytes Correlate with Anti-Tumor Immune-Responses and Predict Overall Survival rates of Patients with Colorectal Carcinoma 38回日本免疫学会総会 2008.12.1-3(京都)
  20. 岸惇子谷川真理藤田晢也NKG2Dを介したMICA/B発現の制御/ NKG2D-depemdent suppression of MICA/B 
    38回日本免疫学会総会 2008.12.1-3(京都)
  21. 谷川真理宇野賀津子岸惇子藤田晢也:IFNANK(インターフェロン活性化ナチュラルキラー)療法、の消化器がんに対する効果 38回日本免疫学会総会 2008.12.1-3(京都)


講演会

  1. 宇野賀津子『エイズ教育~今、学校で取り上げるべきこと~』(平成19年度性教育実践のための指導者講習会)
  2. 谷川真理『生活習慣病』(精華町職員研修会)
  3. 谷川真理『膠原病について』(DMCウェルネス講演会)
  4. 岸 惇子『スグキ漬けより分離された乳酸菌ラブレの免疫賦活作用について』(第7回九州補完代替医療研究懇話会 特別講演:福岡)
  5. 藤田晢也『脳と心と道徳の進化』(総合人間学会特別講演)
  6. 宇野賀津子『科学の発展は、女性の生活をどう変えたか』(ポケットゼミ「ジェンダーと科学」)
  7. 宇野賀津子20 世紀科学の発展と女性のライフサイクルの変化』(第6回男女共同参画学協会連絡会シンポジウム「科学・技術の成熟と新たな創造をめざして」)
  8. 宇野賀津子ほんとうに知っている?HIVのこと』、『やってみよう、どこでも使える実践ワーク』(22回エイズ学会サテライトシンポジウム)
  9. 宇野賀津子20世紀科学の発展は女性のライフサイクルをどのように変えたか』~理系を目指す、あなたへのメッセージ~
    (武庫川女子大学附属中学校・高等学校 平成20年度SSH中間発表会)


Paskenセミナー

  1. 村田圭一郎 「分子免疫研究所について」
  2. 佐野 護 「神経成長因子による神経突起誘導のシグナル伝達」
  3. 岸 惇子 「NK細胞レセプターを介した腫瘍細胞の免疫回避」
  4. 宇野賀津子 「癌患者の手術前のモノサイトのグルタチオンindex1、血漿中サイトカイン測定による予後予測

健康講話(生きがい療法学習会)

1.  藤田晢也 ガン細胞のDNA-ガン細胞のDNAは壊れやすい- 
2.  広崎真弓(京都大学)笑いの効用 
3.  宇野賀津子 公開講演会に向けて私には何が出来るか
4.  藤田晢也宇野賀津子谷川真理 公開講演会「ガン闘病者が生き甲斐を持って生きるために- 
   手を尽くしたガン医療をめざして ~ガン難民にならないために~」(同志社大学、新町校舎 臨光館) 

5.  宇野賀津子 公開講演会の反省・得た事 
6.  岸 惇子 ナチュラルキラー細胞について
7.  土橋康成 心の健康・体の健康---患者さんから学んでいること 
8.  成瀬昭二 インフルエンザの話
9.  近藤科江(京都大学) がんの中の低酸素の話


2007年2006

原著

  1. Ozato K, Uno K, Iwakura Y. Another road to interferon: Youichi Nagano’s journey.(2007)J Interferon Cytokine Res.; Dec;27: 349-352.
  2. Uno K, Hirosaki M, Kakimi K, Tominaga M, Suginoshita Y, Hasegawa G, Fukui M, Nakamura N, Shirakawa T, Kishida T.Impaired IFN-alpha production and the risk of cancer development. (2007)J Interferon Cytokine Res.; Dec;27(12):1013-7.
  3. Hoshino A, Nagao T, Ito-Ihara T, Ishida-Okawara A, Uno K, Muso E, Nagi-Miura N, Ohno N, Tokunaka K, Naoe S, Hashimoto H, Yasuhara M, Yamamoto K, Suzuki K. Trafficking of QD-conjugated MPO-ANCA in murine systemic vasculitis and glomerulonephritis model mice.(2007)Microbiol Immunol.; 51(5):551-66.
  4. Yasuda Y, Shinagawa R, Yamada M, Mori T, Tateishi N, Fujita S.Long –lasting reactive changes observed in microglia in the striata and substantia nigra after 1-methyl1-4-phenyl-1,2,3,6-tetra hybropyridine.(2007)Brain Res,1138, 196-202.
  5. Yasuda Y, Tateishi N, Shinagawa R, Furuya S, Fujita S. Comparison between high and low MPTP sensitive mice after MPTP syatematic treatment: Alterations of behavior, glia, and cytokine.(2007) Neurosci Res. 58S S235.
  6. Jin E, Nosaka K, Sano M.  NGF-dependent formation of ruffles in PC12D cells required a different pathway from that for neurite outgrowth.    (2007Neurochem Int.  51(2-4):216-26
  7. 宇野賀津子、武曾恵理、尾松芳樹、八木克巳、猪原登志子、椛田美由紀三石瑤子、村上善基、古宮俊幸、谷川真理、稲葉カヨ、鈴木和男、藤田晢也健常人と各種疾患患者の末梢血のセンダイウイルス刺激IFN-α産生能とプラズマサイトイド樹状細胞数との相関 (2006) PASKEN JOURNAL Vol.19 1-6
  8. 武曾恵理、鈴木進子、中川権史、辻井知美、古宮俊幸、米本智美、塚本達雄、魚瀬優、中村武志、猪原登志子、宇野賀津子、鈴木和男、岸田綱太郎 MPO-ANCA関連炎顕微鏡的多発血管炎に合併する悪性疾患症例の解析とIFN-α産生能からの考察 (2006)PASKEN JOURNAL Vol.19 7-11
  9. 宇野賀津子、済陽高穂、菅典道 栄養代謝療法およびOK-AIT療法が功を奏した晩期直腸癌の一症例 (2006)PASKEN JOURNAL Vol.19 12-19
  10. 安田ゐう子、立石成人、宇野賀津子、品川理佳、古谷誠一、鈴木和男、藤田晢也 MPTPで誘導される運動機能障害の発現とグリアの活性化 (2006)PASKEN JOURNAL Vol.19 2035
  11. Uno, K., Muso, E., Ihara, T., Komiya, T., Omatsu, Y., Mitsuishi, Y., Inaba, K., Suzuki, K.  Comparison of IFN-a production in response to Sendai virus upon stimulation and the number of peripheral plasmacytoid dendritic cells in healthy subjects and patients with various diseases: Characteristics of MPO-ANCA-associated glomerulonephritis and vasculitis.  (2007 ) Clinical Exp Rheumatology, vol.25, No.I, (Suppl.44)  S-90
  12. Muso, E., Uno, K., Ito-Ihara, T., Komiya, T., Suzuki, K.
    Immunomodulatory effect of intravenous immunoglobulin (IVIg) therapy in MPO-ANCA related polyangitis with RPGN by amelioration of impaired
    IFN
    α production (IFN-P).(2007) Clinical Exp Rheumatology, vol.25, No.I, (Suppl.44) S-89
  13. Ito-Ihara, T., Suzuki, K., Uno, K., Komiya, T., Tsujii, T., Tsukamoto, T., Ono, T., Fukatsu, A., Kita, T., Muso, E. Circulating levels of IL-12, 23
    and IL-18 in patients with MPO-ANCA-associated vasculitis.
     (2007) Clinical Exp Rheumatology, vol.25, No.I, (Suppl.44) S-89
  14. Uno K, Yagi K, Muso E, Omatsu Y, Ito-Ihara T, Mituishi Y, Murakami Y, Tanigawa M, Suzuki K, Fujita S Comparison of HVJ stimulated IFN-a production & peripheral plasamacytoid dendritic cell counts in healthy subjects & patients with various diseases. (2007) J IFN Cytokine Res. Vol.27, No.8,734
  15. 塩田恒三、稲富勉、千原秀美、日比野佐和子、外園千恵、横井則彦、木下茂角膜病巣擦過物中に嚢子を認めず、栄養型のみを認めて早期診断したアカントアメーバ角膜炎 初期症例の4例 (2007)Clinical Parasitology Vol.18  No.1
  16. 宇野賀津子 20世紀科学技術の発展は女性の生活をどう変えたか (2007) 唯物論と現代 39 2007.5 関西唯物論研究会編 文理閣 77-85

学会発表

<国際学会・シンポジウム>

  1. Uno, K., Muso, E., Ihara, T., Komiya, T., Omatsu, Y., Mitsuishi, Y., Inaba, K., Suzuki, K.  Comparison of IFN-a production in response to Sendai virus upon stimulation and the number of peripheral plasmacytoid dendritic cells in healthy subjects and patients with various diseases:
    Characteristics of MPO-ANCA-associated glomerulonephritis and vasculitis.  13th International Vasculitis & ANCA Workshop Cancun, Mexico
  2. Muso, E., Uno, K., Ito-Ihara, T., Komiya, T., Suzuki, K.Immunomodulatory effect of intravenous immunoglobulin (IVIg) therapy in MPO-ANCA related polyangitis with RPGN by amelioration of impaired IFNα production (IFN-P). 13th International Vasculitis & ANCA Workshop Cancun, Mexico
  3. Ito-Ihara, T., Suzuki, K., Uno, K., Komiya, T., Tsujii, T., Tsukamoto, T., Ono, T., Fukatsu, A., Kita, T., Muso, E. Circulating levels of IL-12, 23 and IL-18 in patients with MPO-ANCA-associated vasculitis. 13th International Vasculitis & ANCA Workshop Cancun, Mexico
  4. Maekawa T, Izumo T Nakano A, Kishi A, Akatani K, Shibata H, Kiso Y Enhancement of HVJ -induced IFN-a production by Lactobacillus pentosus strain S-PT84 in mouse spleen cells. 13th International Congress of Mucosal Immunology(東京)2007.7.9-12
  5. Uno K, Yagi K, Muso E, Omatsu Y, Ito-Ihara T, Mituishi Y, Murakami Y, Tanigawa M, Suzuki K, Fujita S   Comparison of HVJ stimulated IFN-a production & peripheral plasamacytoid dendritic cell counts in healthy subjects & patients with various diseases. International Society for Interferon and Cytokine Research, Interferon Anniversary Meeting 50th Anniversary of the Discovery of Interferon, 2007, Oxford

<国内学会・研究会>

  1. 土橋康成、天野殖、藤田晢也 他 上皮・間葉の各2系統への分化を示した胆嚢癌肉腫の一例96回日本病理学会総会 2007.3.14(大阪)
  2. 土橋康成、東福寺幾夫、中埜幸治、白方秀二、山口直則、藤田晢也
    ブロードバンドテレパソロジーと診断樹形図解析第96回日本病理学会総会 2007.3.15(大阪)
  3. 鈴木 重德、信田 幸大、深尾 匡憲、矢賀部 隆史、矢嶋 信浩、赤谷 薫岸 惇子藤田 晢也 Lactobacillus brevis KB290(ラブレ菌)が産生する細胞外多糖(EPS)が人工消化液耐性に及ぼす影響 日本農芸化学会2007年大会(東京農業大学)2007 3.25-27
  4. 前川敏宏、出雲貴幸、中野あおい岸惇子赤谷薫、柴田 浩志、木曽 良信  HVJ感染によるIFN-α産生は乳酸菌S-PT84株又は胡豆昆発酵物摂取により増強される日本農芸化学会2007年大会(東京農業大学)2007 3.25-27
  5. 武曾恵理、宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、鈴木和男
    MPO-ANCA
    陽性MPAに伴うRPGNにおけるIFNα産生能と樹状細胞の関わりとIVIgの影響 50回日本腎臓学会学術総会 2007.5.2527(浜松)
  6. 土橋康成、橋本行正、高橋徹、中川登、中埜幸治術中迅速診断時における細胞診の有用性 地域病院における術中迅速遠隔細胞診の有用性48回日本臨床細胞学会総会ワークショップ 2007.6.8 (幕張)
  7. 宇野賀津子、武曾恵理、尾松芳樹、八木克巳、猪原登志、三石瑶子、村上善基、小宮俊幸、谷川真理、鈴木和男、藤田晢也  健常人と各種疾患患者の末梢血のセンダイウイルス刺激IFN-α産生能とプラズマサイトイド樹状細胞との相関  72回日本インターフェロン・サイトカイン学会 2007.7.5 - 7.6 (京都)
  8. 安田ゐう子立石成人宇野賀津子、品川理佳、鈴木和男、藤田晢也
    MPTP
    投与後のマウス脳脊髄液中さいとカインとケモカインの変動
    72回日本インターフェロン・サイトカイン学会 2007.7.5 - 7.6 (京都)
  9. 武曾恵理、宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、鈴木和男 MPO-ANCA陽性MPAに伴う急速進行性糸球体腎炎に対するIVIG治療の有用性のエビデンス確立と機序解明に向けて 血管炎のための人工ポリクローナルグロブリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 19年度第一回班会議2007.7.1314(千葉)
  10. 宇野賀津子、猪原登志子、藤田晢也、鈴木和男、武曾恵理  Bioplexによる血漿中サイトカイン・ケモカインの解析:その有用性と問題点 血管炎のための人工ポリクローナルグロブリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 H19年度第一回班会議2007.7.1314(千葉)
  11. 宇野賀津子、武曾恵理、尾松芳樹、八木克巳、猪原登志子、三石瑶子、村上善基、小宮俊幸、谷川真理、鈴木和男、藤田晢也 IFN-α産生能とプラズマサイトイド樹状細胞数:健常人と癌、HCV肝炎、MPO-ANCA腎炎の比較 7回抗加齢医学会総会 2007.7.2021(京都)
  12. 土橋康成テレサイトロジー運用ガイドライン(初版)の要点 第24回日本臨床細胞学会京都府支部総会 2007.7.22(京都)
  13. 土橋康成、高松輝賢、橋本行正、高嶋徹、中埜幸治、藤田晢也
    京都に於けるバーチャルスライドを用いた術中迅速遠隔診断 第6回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会2007.8.25(米子)
  14. 土橋康成パネルディスカッション 遠隔病理・細胞診断運用ガイドラインの改訂に向けて 6回日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会総会2007.8.25(米子)
  15. Kazuko Uno, Yoko Mitsuishi, Yoshiki Murakami, Mari Tanigawa, Setsuya Fujita. A comparison of IFN-alpha production and peripheral plasmacytoid DC number in healthy subjects, HCV and cancer 66回日本癌学会学術総会 2007.10.3 – 10.5 横浜
  16.  安田ゐう子立石成人、品川理佳、古谷誠一藤田晢也MPTP処理後のMPTP高感受性マウスと低感受性マウスで認められる変化:行動、
     グリア、サイトカインに関する検討30回日本神経科学会 2007.10.10-12 横浜
  17. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、八木克巳、藤田晢也、鈴木和男 
    MPO-ANCA
    腎炎のサイトカイン・ケモカイン動態: Bio-Plex法による網羅的解析 13MPO研究会 2007.10.26 岡山
  18.  山西裕司、猪原登志子、長尾朋和、小熊麻子、宇野賀津子、武曾恵理、鈴木和男、岡崎富男 MPO-ANCA臨床的有用性検討                          第13回MPO研究会 2007.10.26 岡山
  19. 武曾恵理、城謙輔、岩崎由加子、古宮俊幸、猪原登志子、宇野賀津子、湯村和子、小林茂人、橋本博史、鈴木和男  MPO-ANCA関連血管炎の病態パラメーターとしての腎病理所見の有用性の検討 第13MPO研究会 2007.10.26 岡山
  20. Kazuko Uno, Setsuya Fujita Multiplexed analysis of cytokines and chemokines related to diabetes mellitus in human plasma.  37th Japanese Soc. Immunology2007.11.20-11.22 
  21. 土橋康成バーチャルスライドの基礎と応用性 バーチャルスライドへ至るテレパソロジーの歴史 46回日本臨床細胞学会秋期大会ワークショップ 2007.11.30(仙台)      臨床細胞学会誌46 補冊2号 p.362
  22. 木下勇一、山口直則、土橋康成、浜田新七
    左腋窩副乳癌の1例46回日本臨床細胞学会秋期大会 2007.11.30(仙台)
    臨床細胞学会誌46 補冊2号 p.459
  23. 土橋康成特別企画講演 バーチャルスライド(VS)の可能性と診断への応用を中心として 53回日本病理学会秋期特別総会 2007.12.7(東京)日本病理学会会誌952 p.20

  科研費

  1. 平成19年度科研費 基盤C 新規研究 19590609メタボリック症候群の予防対策を目的としたIFN産生能データベースの活用 主任研究者:宇野賀津子、分担研究者:八木克巳
  2. 平成19年度厚生労働科学研究補助金 厚生労働科学研究費補助金創薬基盤推進研究事業
    血管炎治療のための人工ポリクローナルグロブリン製剤の開発と安全性確保に関する研究班 分担研究者:宇野賀津子 (研究代表者:鈴木和男 千葉大教授)
  3. 25回清水免疫学振興財団助成金 IFNシステムと健康 代表者:宇野賀津子、研究協力者:八木克巳

講演会

  1. 宇野賀津子『癌との闘い』(京都大学再生医科学研究所田畑研究室招聘セミナー)
  2. 八木克巳『数学、統計学を学んで』(女性のリーダーシップ研究会)
  3. 谷川真理『職場のメンタルヘルス』(精華町職員研修会)
  4. 岸惇子『岸田先生の贈り物 植物性乳酸菌“ラブレ”のちから』(カゴメ総合研究所)
  5. 谷川真理『腰痛の話』(精華町職員研修会)
  6. 藤田晢也『マトリックス細胞と神経発生』(小児神経学会特別講演)
  7. 谷川真理『食中毒の予防』(精華町保育園・学校給食研修会)
  8. 宇野賀津子『ヒトの性分化』(女性のリーダーシップ研究会)
  9. 宇野賀津子『理系のあなたの素敵な生き方』(神戸大学)
  10. 藤田晢也『脳と道徳』(京都大学)
  11. 谷川真理『メタボリック症候群』(精華町職員研修会)
  12. 宇野賀津子『一瞬ではない性の決定~21世紀の女と男の関係学~』(名高教女性部 合宿学習会)
  13. 谷川真理『管理職のメンタルヘルス』(精華町管理職員研修会)
  14. 宇野賀津子『医療通訳翻訳のための基礎』(大阪大学院特別講義)
  15. 藤田晢也『ヒトの心の進化からみた道徳教育の重要性』(城陽市小学校養護教諭研修会) 
  16. 谷川真理『メタボの話』(私のしごと館健康講演会)
  17. 谷川真理『職場の腰痛予防』(精華町保育園・学校給食研修会)
  18. 藤田晢也『環境と癌の発生、紫外線と酸素とタバコ』(城陽市小学校養護教諭)


Paskenセミナー  

  1. 寺田泰比古「非常停止ボタンを解除せよ!:AIDSウイルスによる細胞増殖停止のメカニズムの解明」
  2. 立石成人「アストロサイト特異的タンパク:S100β」
  3. 藤田晢也「人はいかにして話せるようになったか:言語中枢の進化」
  4. 八木克巳「いろいろな数」
  5. 土橋康成「テレパソロジーの新たな展開」
  6. 藤田晢也「脳の発生学~脳を作る細胞の生態学」
  7. 古谷誠一「がん放射線治療―基礎と治療適応と社会問題」
  8. 古倉聡「進行癌の免疫療法」
  9. 岸惇子「グラム陽性菌とグラム陰性菌との免疫応答の比較」
  10. 宇野賀津子 「免疫ドックへのBioplexシステム導入の有用性について」
  11. 安田ゐう子 「パーキンソンの発症と免疫反応(マウスモデルによる解析)」

健康講話(生きがい療法学習会)

  1.  藤田晢也  人癌の成長は案外おそい 
  2.  宇野賀津子  癌と闘う免疫細胞善玉・悪玉マクロファージ
  3.  津久井淑子  映画の楽しみ方 
  4.  古谷誠一 切らないがん治療、放射線治療の基礎と最前線 
  5.  谷川真理 いつも唇に歌を
  6.  安田ゐう子 お茶の楽しみ方 
  7.  三石瑤子 今注目のトモセラピーについて 
  8.  中井一 全国制覇50年を迎えて、甲子園への道 
  9.  谷川真理 ルイ・パストゥール医学研究センターにおけるこれからの免疫療法について 
  10.  藤田晢也 日本縦断シンポジウム 特別講演『悪性「がん」細胞が育つまで』~その意外な弱点~  
  11.  津久井淑子 マイケル・ムーア監督の話題作「シッコ」の紹介 

その他

   1.宇野賀津子(感染とサイトカイン、分担執筆)(鈴木和男監修) 生体防御医学事典 朝倉書店 317-3202007


2006年


   原著
  1.  Yasuda Y. Fujita S. Long-Iasting reactive changes observed in microglia in the  striata and substantia nigra of mice after l-methyl-4- phenyl-l 236-tetra hydropyridine . (2007)Brain Res.1138196-202
  2. Yasuda Y. Fujita SLong-Iasting reactive change of microglia in the nigra and striatum of mice MPTP treatment. (2006)Neurosci Res.55Suppll S201.
  3. Uno K Suginoshita YKakimi KMoriyasu FNakano KNakamura NFita THorino YSato T,Kishida T.Clinical utility of 2'5'-oligoadenylate synthetase activity measuremen t: Using whole blood as a highly sensitive method to detect the effects of IFN. (2006)J Virol. Methods 136185-192
  4. Uno KMatsuzaki TTada-Oikawa SKato THamuro JKishida T Okuno KIntracellular glutathione levels of monocytes indicate peritumoral stroma development and T-cell infiltration within tumor cell nests in patients with colorectal carcinoma. (2006) Eur. Cytokine Netw.Vol.17Special issue "Cytokine 2006"August91
  5. Uno KMatsuzaki TTada-Oikawa SKato THamuro JKishida TOkuno K.Intracellular glutathione levels indicate Peritumoral stroma development and T-cell infiltration in patients with colon carcinoma. (2006)Proceedings of 6th international Cytokine Conference. by MEDIMOND152-157
  6. Terada Y, Yasuda Y.Human Immunodeficiency Virus Type 1 Vpr Induces G2 Checkpoint  Activation by Interacting with the SplicingFactor SAP145 (2006)Molecular and Cellular Biology.8149-8158
  7. Tsuchihashi yMorishima MNakasato KTofukuji I and Fujita S.SHIFT TO THE BROADBAND IN PRACTICAL TELEPATHOLOGY IN KYOTOJAPAN. (2006)8th European Congress on Telepathology and 2nd Intemational Congress on Virtual Microscopyp91
  8. Tofukuji lSawai Tand Tsuchihashi  Y.Recent Development of Telepathology in Japan. (2006)8th European Congress on Telepathology and 2nd lnternational Congress on Virtual Microscopyp90
  9. 宇野賀津子 図説   インターフェロンの多様な作用  (2006) 日本臨床 第6471210-1214
  10. 高穂、河、朴成進村哲規原公亀、大日向、宇野賀津子 晩期癌集学的における栄養・代謝の意 (2006) 栄養と治療  vol.23no.644-49 
  11. 俊幸、田原佐知子、辻井、塚本達雄、武曾恵理、宇野賀津子、岸田綱太郎、猪原登志子、大川原明子、鈴木和男 腎機能の憎悪に断に MPO-ANCA""陰性の顕微鏡発血管    -MPO-ANCA陽性度の測定法によ heterogeneity につ て-    (2006) Pharma Medica 24  (5) 122
  12. .寺田泰比古 止ボタンを解除せよAIDS ウイルスによる細胞増止のメカニズムの解明  (2005)Pasken J 181-6
  13. 宇野賀津子 Type Ⅰ インターフェロンの多様な作用  (2005) Pasken J 187-11
  14. 安田ゐう子、品川理佳、藤田晢也 MPTP処理6 月目でも黒質と線条体には反応性クログリアが存する  (2005) Pasken J 1812-27
  15. 安田ゐう子、品川理佳、溝手紳太郎、藤田晢也 験的パーキンソン病における MPTP感受性 リアの反応  (2005) Pasken J 1828-42
  16. 岸惇子高森靖、一行、永田、岸田綱太郎、藤田晢也  ライシンによるアポトーシス誘導  (2005) PaskenJ 1843-48 
  17. 岸惇子富居富、宇野賀津子、中野あおい、松田正文、横勝彦、古川勝巳、藤田晢也、岸田綱太郎 ハーレーニングが免疫機能に及ぼす影響の研究  (2005) Pasken J 1849-55
  18. 岸惇子、赤谷薫、中野あおい、小川一行、永田欽岸田綱太郎、藤田晢也  ヒト末梢血PBMCから生され Granulysin :細胞性免能の指標 (2005 ) Pasken J 1856-66
  19. 猪原登志子、宇野賀津子、田中麻里本聡、米本智美、古宮俊幸、田原佐知子、辻井知美、塚本達雄、 南方野孝彦、深津敦司、北徹、岸田綱太郎、大川原明子、林美登里、鈴和男、武曾恵理 MPO-ANCA 関連血管炎急性期のサイトカイン大量ガンマグロプリン(IVIg)療法による変動 (2005 )  Pasken J 1867-78
  20. 松芳樹、宇野賀津子、猪原登志子、椛田美由紀、三石瑤子、稲葉カヨ、武曾、鈴和男 状細胞サブセットフローサイトメトリー による検討  (2005) Pasken J 1879-84
  21. 赤谷薫 乳酸菌類のサプリメント   (2006) 薬局57巻「今日のサプリメント」 ( 宗銭、佐竹元吉編)   p.306-325
  22. 塩田恒三 腸管寄生虫の現状とその対策 (2006) 成人病と生活習慣病   Vol. 36-8895-901

  
   学会発表

   <国際学会発表・シンポジウム>

  1. Muso  E,Ito-Ihara T,Uno KKishida T,Suzuki K, Hashimoto H and the Study Group for the Prospectlve Randomized Control Trωal ofIVIg in MPO-ANCA related RPGN Clinical Traial for IVIg therapy in MPO-ANCA related microscopic polyangiitis (MPA) with rapidly progressive glomerulonephritis (RPGN).2006.2.7 International Symposia on Therapeutic StrategeY to theBest Advantage of Collaboration between Basic Research and Clinical Research. Tokyo

  2. Ito-Ihara T, Uno K, Komiya T Tsuji TTsukamoto T Kishida TOno TSuzuki KFukatsu AKita TMuso E. Circulating levels of IL-1223 and IL-18 in patients with MPO-ANCA-associated vasculitis.
    2006.2.7 International Symposia on Therapeutic StrategeY  to the Best Advantage of Collaboration between Basic Research and Clinical Research. Tokyo

  3. Uno KMatsuzaki TTada-Oikawa SKato THamuro JKishida TOkuno K. Intracellular glutathione levels of monocytes indicate peritumoral stroma development and T-cell infiltration within tumor cell nests in patíents with colorectal carcinoma.
    2006.8.27-9.2    
    インターフェロン・サイトカイン(ィーン)

  4. Tsuchihashi YMorishima MNakasato KTofukuji I and Fujita S. SHIFT TO THE BROADBAND IN PRACTICAL TELEPATHOLOGY IN KYOTOJAPAN.
    8th European Congress on Telepathology and 2nd International Congress on Virtual Microscopy.  Budapest July 6-82006

  5. Tofukuji 1Sawai Tand Tsuchihashi Y. Recent DeVelopment ofTelepathology in Japan.
    8th European Congress on Telepathology and 2nd International Congress on Virtual Microscopy.  Budapest July 6-82006

  <国内国内学会・研究会発表>


  1. 土橋康成、澤井高志 テレパソロジー運ガイドラインの適と課題  95回日本病理学会総会、東京2006.4.30-5.02       日本病理学会会誌 95(1)p.376
  2. 土橋康成、白方、中埜幸治、東福寺幾夫、藤田晢也 京都におけるブロードバンドテレパソロジーとその有用性 95回日本病理学会総会、東京2006.4.30-5.02    日本病理学会会誌 95(1)p.376
  3. 宇野賀津子、松崎智彦、奥野清隆、猪原登志子、武曾恵理、鈴和男、菅典道、及川佐枝子、加藤琢磨、 羽室淳爾、三石瑤子、岸田綱太郎 モノサイトの細胞内レドックス状態の評価指標としてのグルタチオンインデックスの有用性  2006.5.19-20    6回日本抗加齢医学会総会(東京)
  4. 富永真澄宇野賀津子、広崎真弓、福井道明、長谷川剛二、中埜幸治、中村直登、吉川、岸田綱太郎 2型糖尿病の発症過程におけるインターフエロン-α産生能の変化 2006.5.19-20    6回日本抗加齢医学会総会(東京)
  5. 岸惇子、赤谷薫、中野あおい、川一行、永田欽也、岸田綱太郎、藤田晢也 ヒト末梢Granulysin :乳酸菌の免疫賦活能の指標  2006.5.19-20    6回日本抗加齢医学会総会(東京)
  6. 塩田恒三、稲富勉、外園千恵 角膜表層擦過物中に嚢子を認めず、栄型のみを認めて早期診断したアカンアメーパ角膜炎初期症例3 2006.5.l9-2075回日本寄生虫学会大会(青森)
  7. 斎藤あつ子、笠井昌俊、笠原みどり、河合敦子、塩田恒三、馬暁航、高田伸弘 東アジアにおける神戸型パベシアの免疫意義および中国および日本に新たに確認されたタイレリア金縁ピロプラズマ原虫 2006.5.19-2075回日本寄生虫学会大会(青森)
  8. 土橋康成 テレサイトロジーガイドラインの成に向けて 47回日本臨床細胞学会総会、横2006. 6.08-6.l1   日本臨床細胞学会雑誌 45補冊   p1l72006
  9. 土橋康成口直則、木下勇 、田端康一、白方秀二 メルケル細胞癌の診断における捺印細胞診と細胞診免疫組織化学の有 第47回日本臨床細学会総会、横2006. 6.08-6.l1  日本臨床細胞学会雑誌 45補冊   p2562006
  10. 土橋康成 ―シンポジウム遠隔病理診断センターの自立―  京都に於ける地域医療支援テレパソロジ一事業 5回日本テレパソロジー研究会総会、高崎2006.8.26
  11. 土橋康成、藤田晢也  京都に於けるブロードバンドテレパソロジー:その有性の検討 5回日本テレパソロジー研究会総会、高崎2006.8.26
  12. 斉陽高穂、河合宏美、朴成進、吉村哲規、桑原公亀、大日向祥子、宇野賀津子 晩期癌集学的治療における栄・代謝の意義 2006.5.13  29回日本栄養アセスメント研究会   岐阜
  13. 猪原登志子、宇野賀津子、古宮俊幸、辻井知美、塚本達雄、岸田綱太郎、野孝彦、鈴和男、深津敦 司、北徹、武曾恵理  ANCA関連腎炎におけ IL-12 IL-18の動態 49回日本腎臓病学会学術総会東京平186月
  14. 宇野賀津子、猪原登志子、武曾恵理、鈴木和男 MPO-ANCA関連血管炎における大量 y  グロプリン治療の作用機作とモノサイトのレドックス制御 2006.6.30-7.1 血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 18年度 回班会議 新潟
  15. 武曾恵理、宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、岸田綱太郎、鈴木和男 MPO-ANCA陽性顕微鏡的血管炎に伴う急速進行性糸球体腎炎IFNα 産生能からみた免疫異常 IVIg 治療 の影響 2006.6.30-7.1 血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 18年度回班会議 新潟
  16. 猪原登志子、宇野賀津子、古宮俊幸、塚本達雄、深津敦司、北徹、野孝彦、大川原明子、林美登里、 鈴木和男、武曾恵理  ANCA関連血管炎におけるサイトカイン動態 IVIgによる修飾作用  2006.6.30-7.1    血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 18年度回班会議 新潟
  17. 西裕司、猪原登志子、大川原明子、大寛、宇野賀津子、武曾恵理、崎富男、鈴木和男 nMPO-ANCAの臨床的有性の検討2006.6.30-7.1   血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 18年度第一回班会議 新潟
  18. 宇野賀津子、松崎智彦、菅典道、岸田綱太郎、羽室淳爾、奥野清隆 モノサイトの還元型グルタチオン含量と抗腫瘍免疫応答 2006.7.7-8    71回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(兵庫) 
  19. 猪原登志子宇野賀津子、古宮俊幸、辻井知美、米本知美、田中麻里、田原佐知子、塚本達雄、岸田綱太郎、野孝彦、深津敦司、北徹、鈴和男、武曾恵理 ANCA関連腎炎におけ IL-12IL-23I L-18 の動態 2006.7.7-8   71回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(兵庫) 
  20. 宇野賀津子、武曾恵理、猪原登志子、古宮俊幸、鈴和男、岸田綱太郎 IFN産生能と発癌リスク: MPO-ANCA腎炎と種々の疾患IFN産生能からの考察2006.9.22    12MPO研究会(大阪) 
  21. 猪原登志子、武曾恵理、宇野賀津子、大川原明子、山西裕司、田村直人、小林茂人、鈴木和男、橋本博史 ANCA-ELISA測定法の違いに関する研究 12MPO研究会(大阪)
  22. 武曾恵理、宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、崎由加子、岸田綱太郎、鈴木和男 急速進行性糸球体腎炎を呈すMPO-ANCAMPA患者の末梢IFNα産生能障害plasmacytoid dendritic ceII (pDC)  発現低下の関与 12MPO研究会(大阪)
  23. 星野昭芳、宇野賀津子、猪原登志子、武曾恵理、山本、鈴木和男MPO抗体誘導マウス全身血管炎モデルにおける活性化好中球からのサイトカイン産生 12MPO研究会(大阪) 
  24. 宇野賀津子岸田綱太郎、奥野清隆 大腸癌患者のモノサイトのグルタチオン含量と痛周辺間質の発達/リンパ球浸潤との相関 2006.9.28-30  65回日本癌学  会学術総会(横浜)
  25. 宇野賀津子、猪原登志子、武曾恵理、鈴木和男 ヒトモノサイトおよびモノサイト細胞株をいた人γグロプリンin vitro評価系の開発2006.10.27-28   血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 18年度回班会議(京都)
  26. 武曾恵理、宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、崎由加子、岸田綱太郎、鈴木和男 急速進行性糸球体腎炎を呈す MPO-ANCA陽性顕微鏡的血管炎へ IFNα産生能と樹状細胞分布からみIVIg治療の効果発現機序 2006.10.27-28   血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究 18年度第二回班会議(京都)
  27. 山西裕司、猪原登志子、大川原明子、大岩寛、宇野賀津子、武曾恵理、岡崎富男、鈴木和男 血管炎の診断および治療におけ nMPO-ANCAの有用性 2006.10.27-28    血管炎治療のための人工ポリクローナルグロプリン製剤の開発と安全性確保に関する研究  18年度回班会議(京都) 
  28. 土橋康成  ワークショッ4    遠隔細胞診 (Telecytology)  の展望    テレパソロジー・テレサイトロジーから見た病理・細胞IT化の課題  第45回日本臨床細胞学会秋期大会学術集会、東京2006. 11.10-11.11
  29. 北村広美、宇野賀津子、鬼塚哲郎、池上正仁 ボランティア活動を通じHIV/AIDSに関する理解の促進 -7th ICAAPの経験から- 2006.11.30   20回日本エイズ学会(東京)
  30. Uno KOmatsu Y,Ihara TInaba KMitsuishi YMuso ESuzuki K,Kishida TCorrelation between the number of plasmacytoid dendritic cells and IFN-α  production upon stimulation withSendai virus in human peripheral blood 2006.12.11-13    36回日本免疫学会総会(大阪)
  31. Muso EUno KIhara TKomiya TOmatsuYKishida TSuzuki KAbnormally impaired IFN α production (IFNα-P) in  MPO-ANCA related polyangiitis with RPGN and its modulation by intravenous immunoglobulin (IVIg) therapy.2006.12.11-l3  36回日本免疫学会総会(大阪)
  32. Hoshino  ANagao TIshida-Okawara A, Uno KMiura NOhno NShiga KYamamoto KSuzuki KCandida  albicans creted CAWS mannoprotein triggers  murine glomerulonephritis and systemic vasculitis via IL-6IL-17 and IL-23 production in concert with MPO-ANCA.2006.12.1 1-13     36回日本免疫学会総会(大阪)
  33. Kishi A,Mitsuishi YOgawa KNagata KKishida T,Fujita SClinical significance ofsecretory granulysin  of human PBMC.2006.12.l1-13    36回日本免疫学会総会(大阪)
  34. 出雲貴幸、中野あおい、岸惇子、赤谷薫、柴田浩志、岸田綱太郎、木曽良信  HVJ感染によ IFN-α産生は植物性乳酸S-PT84株摂取により増強される2006.12.1l-13   36回日本免疫学会総会(大阪)




  科研費

  1. 18年度科研費  C  継続研究    17606005 IFN-α産生能検査データベース構築HCV肝癌発症リスク予見への活用  主任研究者野賀津子
  2. 平成 18年度厚生労働学研究助金   医薬品・医療機器等レギュラトリーサイエンス総合研究事業 (H18-医薬ー一般020) 血管炎治療のための リクーナルグロプリン製剤の開発と安全確保に関する研究 分担研究者宇野賀津子


  講演会

  1. 岸田綱太郎 免疫に役立つ植物性乳酸菌 (日本抗加齢学会セミナー)
  2. 藤田晢也 マトリックス細胞と脳の発生 (神戸大学講義)
  3. 宇野賀津子 HIV/AIDS医療体制研究から見えてきた外国人の問題点 (大阪外国語大学特別講義)
  4. 藤田晢也 動的、広域医学としての病理学をめざして(京都府立医大、35回日本病理学会近畿支部学術集会特別講演)
  5. 宇野賀津子 性教育と朝山新一(子どもの性の安全、性の健康JASE研究セミナー)


  Pasken セミナー

  1. 三石瑤子 「HLAと疾患
  2. 武曾恵理 「難治性血管炎の病患と免疫修飾治療の抗好中球細胞質抗(ANCA) 陽性腎炎・血管炎を対象として~
  3. 猪原登志子 IMPO-ANCA腎炎・血管炎の免疫学的背景の解析
  4. 古谷誠一 CT/MRI検査一望安全管理か 診断へ~
  5. 岸惇子 「NK細胞から産生されるエフェクタ一分子の有
  6. 宇野賀津子 「グルタチオ indexの有
  7. 安田ゐう子 パーキンソン病を誘導する神経毒(MPTP)の暴露は脳内ミクログリアに記憶されるか
  8. 赤谷薫 「乳酸菌健康食品開発の現J 的展望
  9. 中野あおい 「乳酸菌健康食品開発の現状当センターの取り組み
  10. 三石瑤子 「免疫療法の評価と免疫機能検

  健康講話(生きがい療法学習会

     成瀬昭二     「イ フルエンザの予防」  (2006.12.16.)

  その他

  1. Uno KIwakura YOzato K  Another Road to Interferon: Yasuichi Nagano's Joumey. JSICR NewsletterVol  222006

  2. 宇野賀津子 HIV/AIDS医療体制研究から見えてきた外国人の問題点 医療通訳翻訳のための基礎資料集 p.57-65,エレーラ  ルルデス、中村安秀、津田守編  大阪大学発行



2005年

原著

  1. Uno K, Hirosaki M, Kakimi K, Tominaga M, Hasegawa G, Suginoshita Y, Fukui M, Nakamura N, Shirakawa T, Kishida T. Impaired IFN- production capacity and the risk of cancer. Cell Res. Vol.15, No.10, Suppl.p158 2005
  2. Yasuda Y, Shinagawa R, Mizode S, Fujita S. Expression of astrocytic S100 and GFAP in the MPTP-treated mice. Neurosci Res 52:Suppl S108.,2005
  3. Kishi A, Mitsuishi Y, Kokubo A, Nagata K, Hirai H, Ogawa K, Kishida T, Fujita S. Th1/Th2 Balance analyzed by the expression of CCR5/CRTH2 on peripheral CD4+T cells in cancer. Proc. of the 5th Joint Meeting of the ICS and ISICR. 103-105,2005
  4. Uno K, Suginoshita Y, Kakimi K, Moriyasu F, Hirosaki M, Lei C, Shirakawa T, Kishida T. Impairment of IFN- production capacity in patients with hepatitis C virus and the risk of the development of hepatocellular carcinoma. World Journal of Gastroenterology, 11:46, 7330-7334. 2005
  5. M. Shin-Ya, H. Hirai, E. Satoh, T. Kishida, H. Asada, F. Aoki, M. Tsukamoto, J. Imanishi and O. Mazda. Intracellular interferon triggers Jak/Stat signaling cascade and induces p53-dependent antiviral protection Biochem Biophys Res Commun 15;329(3):1139-46.2005
  6. Matsuzaki T, Okuno K, Uno K, Yoshifuji T, Hida J, Shiozaki H. Intracellular glutathione (GSH) of monocytes (Mo) directs the development of peritumoral stroma in patients with colon carcinoma] Gan To Kagaku Ryoho. 2005 Oct;32(11):1537-9.
  7. 宇野賀津子、猪原登志子、古宮俊幸、田原佐知子、田中麻里、米本智美、塚本達雄、深津敦司、北徹、岸田綱太郎、鈴木和男、武曾恵理 MPO-ANCA関連腎炎再発症例における免疫グロブリン大量投与療法(IVIg)前後の免疫動態 Phama Medica 23, 94-96. 2005
  8. 塩田恒三、扇谷えり子、岸 惇子、日比野佐和子、稲富 勉、外園千恵、横井則彦、木下 茂位相差顕微鏡で一重壁嚢子を認めて早期診断し得たアカントアメーバ角膜炎の2例 Clinical Parasitology,16, 2005
  9. 塩田恒三扇谷えり子岸 惇子、日比野佐和子、稲富 勉、外園千恵、横井則彦、木下 茂角膜擦過物の位相差顕微鏡検査では変性嚢子のみが検出され、分離培養では陰性を示した重症アカントアメーバ角膜炎の1例 Clinical Parasitology, 16, 2005 


学会発表


<国際学会発表>

  1. Toshiko Ito-Ihara, Kazuko Uno, Akiyoshi Hoshino, Kenji Yamamoto, Toshiyuki Komiya, Akiko Ishida-Okawara, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Kazuo Suzuki, and Eri Muso . Sensitive detection of myeloperoxidase expression on neutrophil of patients with myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis.12th International ANCA workshop. (ドイツ・ハイデルベルグ)
  2. Toshiko Ito-Ihara, Kazuko Uno, Takahiko Ono, Atsushi Fukatsu, Toru Kita, Kazuo Suzuki,and Eri Muso. Circulating myeloperoxidase and cytokine profiles in myeloperoxidase- antineutrophil cytoplasmic antibody-associated glomerulonephritis.  3rd World Congress of Nephrology.(シンガポール)
  3. Kazuko Uno, Mayumi Hirosaki, Kazuhiro Kakimi, Mayumi Tominaga, Goji Hasegawa, Yoshiki Suginoshita, Michiaki Fukui, Naoto Nakamura, Taro Shirakawa, Tunataro Kishida. Impaired IFN-a production capacity and the risk of cancer. 国際インターフェロン・サイトカイン学会(中国・上海)

<国内学会・研究会発表>

  1. 矢賀部隆史、荒川千夏、桂幸次、矢嶋信浩、岸田綱太郎 「Lactobacillus brevis KB290(ラブレ菌)発酵物の抗腫瘍作用」日本食品免疫学会第1回学術集会(東京)
  2. 鈴木重徳、信田幸大、深尾匡憲、矢賀部隆史、矢嶋信浩、岸 惇子岸田綱太郎 腸内細菌叢のIn vitroモデルに与えるL. brevis KB290(ラブレ菌)の影響 2005年度日本乳酸菌学会(東京) 
  3. 宇野賀津子、松崎智彦、奥野清隆、菅典道、三石瑶子、早乙女秀雄、羽室淳爾、岸田綱太郎 「モノサイトのグルタチオン含量と抗腫瘍免疫応答」 第8回京都免疫ワークショップ学術集会(大阪)
  4. 猪原登志子、古宮俊幸、宇野賀津子、田原佐知子、辻井知美、塚本達雄、岸田綱太郎、星野昭芳、山本健二、鈴木和男、小野孝彦、深津敦司、北徹、武曾恵理 「MPO-ANCA関連急速糸球体腎炎の血中サイトカインと活性化好中球の動態」第8回京都免疫ワークショップ学術集会(大阪)
  5. 松崎 智彦、奥野 清隆、宇野 賀津子、吉藤 竹仁、内田 寿博、塩崎 均 「大腸癌患者における末梢血モノサイトのグルタチオン含量と腫瘍周辺間質との関連」 第26回癌免疫外科研究会(東京)
  6. 安田ゐう子, 品川理佳, 溝手紳太郎, 藤田晢也 Expression of astrocytic S100 and GFAP in the MPTP-treated mice. 第8回日本神経科学会大会(横浜) 
  7. 宇野賀津子、広崎真弓、杉之下与志樹、垣見和宏、富永真澄、長谷川剛二、福井道明、中村直登、白川太郎、岸田綱太郎  「免疫力の指標としてのインターフェロン-α産生能の測定とその経時的測定の意義」 第5回抗加齢医学会総会(京都)
  8. 猪原登志子、古宮俊幸、宇野賀津子、田原佐知子、辻井知美、塚本達雄、小野孝彦、岸田綱太郎、鈴木和男、深津敦司、北徹、武曾恵理 「MPO-ANCA関連急速糸球体腎炎の血中サイトカインの動態。」第48回日本腎臓学会学術総会(横浜)
  9. 宇野賀津子岸田綱太郎 「HCV肝炎患者のインターフェロン-α産生能のnatural history」ワークショップ 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(京都)
  10. 猪原登志子、宇野賀津子、古宮俊幸、辻井知美、塚本達雄、岸田綱太郎、小野孝彦、鈴木和男、深津敦司、北徹、武曾恵理 「ANCA関連血管炎症候群におけるIL-12とIL-18の動態」 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(京都)
  11. 富永真澄、宇野賀津子、白川太郎、広崎真弓、福井道明、長谷川剛二、中埜幸治、中村直登、岸田綱太郎 「2型糖尿病の発症過程におけるインターフェロン-α産生能の変化」 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(京都)
  12. 岸 惇子赤谷 薫小久保あおい岸田綱太郎 グラム陽性およびグラム陰性細菌によるヒト末梢血の免疫応答の比較検討 第70回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(京都)
  13. 宇野賀津子、広崎真弓、垣見和宏、杉之下与志樹、白川太郎、岸田綱太郎 「IFN-α産生能不全と発癌リスクの予見」 第64回日本癌学会学術集会(札幌)
  14. 岸 惇子、小川一行、永田欽也、岸田綱太郎藤田晢也 ヒト末梢血PBMCから産生されるGranulysin:非病原性細菌の免疫調節能の指標 2005年度日本免疫学会(横浜) 
  15. 岸 惇子赤谷 薫小久保あおい、福井雄一郎、岡本 誉充、矢嶋信浩、岸田綱太郎 植物性乳酸菌ラブレ菌のヒト末梢血における免疫学的検討 第5回日本抗加齢医学会(京都)
  16. 福井 雄一郎、岸 惇子赤谷 薫小久保あおい、矢賀部 隆史、矢嶋 信浩、松本 一朗、阿部 啓子、藤田晢也岸田綱太郎 ラブレ菌およびその発酵物によるマウスにおける免疫賦活作用 2005年度日本農芸化学会(札幌)
  17. 野中裕司、出雲貴幸、泉扶実、柴田浩志、木曽良信、岸 惇子赤谷 薫小久保あおい岸田綱太郎 胡豆昆発酵物の免疫調節機能Ⅱ ヒトの免疫機能に与える影響 2005年度日本農芸化学会(札幌)
  18. 猪原登志子、宇野賀津子、古宮俊幸、辻井知美、塚本達雄、岸田綱太郎、小野孝彦、鈴木和男、深津敦司、北徹、武曾恵理。「ANCA関連血管炎症候群におけるIL-12, IL-23とIL-18の動態」 第11回MPO研究会(福岡)
  19. 松崎智彦、奥野清隆、宇野賀津子「大腸癌患者における末梢血モノサイトのグルタチオン含量と癌胞巣内へのリンパ球浸潤との関連」 第18回日本バイオセラピイ学会学術集会総会(宇部)
  20. Uno K, Matuzaki T, Kiyotaka O, Hamuro J, Kishida T. Intracellular glutachione(GSH) of peripheral monocytes(Mo) correlates with the development of peritumoral stroma and T-cell infiltration in patients with colon carcinoma.  日本免疫学会学術集会(横浜)
  21. 野田やよい、稲富 勉、日比野佐和子、外園千恵、横井則彦、木下 茂、塩田恒三 アカントアメーバ角膜炎10眼の臨床経過と治療予後 第29回角膜カンファレンス(徳島)
  22. 塩田恒三扇谷えり子岸 惇子、日比野佐和子、稲富 勉、外園千恵、横井則彦、木下 茂  位相差顕微鏡で1重壁嚢子を認めて早期診断し得たアカントアメーバ角膜炎の2例第74回日本寄生虫学会大会(米子)
  23. 塩田恒三扇谷えり子岸 惇子、日比野佐和子、稲富 勉、外園千恵、横井則彦、木下 茂 病巣擦過物中に1重壁嚢子のみを認めたアカントアメーバ角膜炎の2例第16回日本臨床寄生虫学会(東京)
  24. 塩田恒三扇谷えり子岸 惇子、日比野佐和子、稲富 勉、外園千恵、横井則彦、木下 茂病巣擦過物中に嚢子を認めたにも関わらず、培養では陰性を示した重症アカントアメーバ角膜炎の1例  第16回日本臨床寄生虫学会(東京)
  25. 塩田恒三、斉藤卓也 ヤマビル咬傷の自験例  第61回日本寄生虫学会西日本支部大会(高知)
  26. 扇谷えり子塩田恒三、稲富 勉 患者から分離したアカントアメーバに対する4種薬剤の感受性試験 第61回日本寄生虫学会西日本支部大会(高知)
  27. 笠原みどり、斉藤あつ子、笠井昌俊、河合敦子、高田伸弘、矢野泰弘、藤田博巳、塩田恒三、陳 瑩霖、馬 暁航  日本・台湾・中国の野ねずみが保有する各遺伝型Babesiaの分布と性状比較 第61回日本寄生虫学会西日本支部大会(高知)
  28. 竹内 勤、有薗直樹、井関基弘、塩田恒三 「エイズに伴う日和見感染症の診断に関する講習会」実施経過と問題点について 第46回日本熱帯医学会大会(京都)

2004年

原著

  1. M. Akahoshi, M.Ishihara, N.Remus, K.Uno, K.Miyake, T.Hirota, K.Nakashima, A.Matsuda, M.Kanda, T.Enomoto, S.Ohno, H.Nakashima, J-L Casanova, J M Hopkin, M.Tamari, X-Q Mao, T.Shirakawa Association between IFNA genotype and the risk of sarcoidosis. Hum Genet, 114, 503-509 2004
  2. Y.Yasuda, N. Tateishi, T. Shimoda, S. Satoh, E. Ohgitani,S. Fujita Relationshipbetween S100βand GFAP expression in astrocytes during infarction and glial scar formation after mild transient ischemia Brain Research 1021: 20-31 2004
  3. Ohara M, Sotozono C, Tsuchihashi Y, Kinoshita S. Ki-67 Labeling Index as a Maker of Malignancy in Ocular Surface Neoplasms. Jpn J Ophthalmol 48:524-529,2004
  4. 山尾 裕、今出陽一朗、正垣一博、山本敏也、天神博志、林 泰弘、川邊拓也、岡 克彦、谷口弘毅、土橋康成 篩骨洞転移にて発見された腎細胞癌の1例 泌尿器外科 17(10):1123-1126, 2004

学会発表

〈国際学会発表

  1. A.Kishi, Y.Mitsuishi, A.Kokubo, K.Uno, K.Ogawa, K.Nagata, S.Takano, T.Kishida, S.Fujita Th1/Th2 Balance analyzed by the expression of CCR5/CRTH2 on peripheral CD4+T cells in cancer 国際インターフェロン・サイトカイン学会(プエルトリコ・サンファン)
  2. K.Uno, Y.Mitsuishi, N.Kan, K.Okuno, H.Saotome, J.Hamuro, T.Kishida Anti-tumor autocrine/paracrine activation pathway leading to IL-12/IL-18-stimulated IFN-γ production of monocytes in tumor-bearing patients国際インターフェロン・サイトカイン学会(プエルトリコ・サンファン)
  3. K.Uno, T.Komiya, T.Tsukamoto, S.Yonemoto, S.Tahara, T.Ito-Ihara, K.Suzuki, E. Muso Immunomodulatory Effect of Intravenous Immunoglobulin (IVIg) Therapy as Reflected in the Response of Peripheral Mononuclear Cell Fractions to Th1 inducible Cytokines in a Patient with MPO-ANCA-related Glomerulonephritis and Vasculitis第4回国際ペルオキシターゼ会議(京都)

〈国内学会・研究会発表〉

  1. .野中裕司、泉扶美、赤谷 薫、飯田桂子、出雲貴幸、柴田浩志、岸田綱太郎、木曽良信 植物性乳酸菌の免疫調節機能の検討(Ⅰ)日本栄養・食糧学会(仙台)
  2. 出雲貴幸、野中裕司, 岸惇子小久保あおい、柴田浩志、扇谷えり子、藤田晢也、木曽良信 植物性乳酸菌の免疫調節機能の検討(II) 経口摂取での検討 日本栄養・食糧学会(仙台)
  3. 宇野賀津子武曾恵理、岸田綱太郎 CD4/8T細胞のIL-12応答性とモノサイトのグルタチオンスコアの病因・病態解明への活用の汎用性 第69回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(青森)
  4. 早乙女秀雄、白川和夫、宇野賀津子 PGE2のanti-CD3活性化CD4/8T細胞に対するIL-12刺激IFN-γ産生亢進作用 第69回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(青森)
  5. 岸惇子赤谷薫小久保あおい扇谷えり子藤田晢也岸田綱太郎 植物性乳酸菌の性状と免疫賦活効果 第4回日本抗加齢医学会(東京)
  6. 宇野賀津子岸田綱太郎  加齢と免疫力の指標としてのインターフェロン-α産生能の変化 第4回日本抗加齢医学会(東京)
  7. .岸惇子三石瑤子、平井博之、永田欽也、藤田晢也岸田綱太郎 CCR5/CRTH2発現による癌患者末梢血のTh1/ Th2バランス解析 第34回日本免疫学会総会・学術集会(札幌) 
  8. 宇野賀津子、古宮俊幸、猪原登志子、田原佐知子、田中麻理、米本智美、塚本達雄、深津敦司、北 徹,岸田綱太郎、武曾恵理 腎炎患者における末梢血リンパ球分画のIL12/IL18への反応性の検討  第34回京都腎臓免疫研究会(京都)
  9. 菅典道、三瀬圭一、児玉宏 HER-2/neu、ホルモンレセプターの発現からみた乳癌肝転移の予後-特に養子免疫療法の適応 第46回日本感染症学会中日本地方会総会(京都)
  10. 宇野賀津子岸田綱太郎 進行癌患者に対するOK-432前投与併用養子免疫(OK-AIT)療法におけるOK-432前投与の意義 第63回日本癌学会学術集会(福岡)
  11. .宇野賀津子、広崎真弓、杉の下与志樹、垣見和宏、白川太郎、岸田綱太郎 インターフェロン-α産生能不全と肝癌発症リスク 第34回日本免疫学会総会・学術集会(札幌)
  12. 安田ゐう子藤田晢也 ウズラの網膜と視蓋の発達過程におけるQH1陽性細胞の分布 第27回日本神経科学大会、第47回日本神経化学学会合同学会(大阪)

2003年

原著

  1. K. Uno, Y. Mitsuishi, M. Tanigawa, K. Okuno, N. Hirai, Y. Mizutani, H. Saotome, H. Fujiwara, T. Kishida : A series of immune responses leading to induction of T cell IL-12/IL-18 responsiveness is induced in patients with relatively large tumor burdens. Cancer Immunol. Immunotherapy, vol.52,33-40, 2003.
  2. K. Uno, Y. Mitsuishi, K. Okuno, H. Saotome, H. Fujiwara, T. Kishida. :Intracellular glutathione levels in monocytes conduct anti-tumor immune reaction in tumor-bearing patients. Proc. Ann. IFN & Cytokine Res. 248, 2003
  3. Y. Yasuda, S. Fujita: Distribution of MAP1A, MAP1B, and MAP2A&B during layer formation in the optic tectum of developing chick embryos. Cell Tissue Res. 314:315-324, 2003. 
  4. S. Fujita, Y. Yasuda: Molecular mechanism of elevator movement. Acta Histochem Cytochem. 36:393-398, 2003.
  5. 藤田晢也安田ゐう子:グリア細胞:脳虚血における反応とその医学的意味.脳循環代謝:89-94, 2003.
  6. Y. Yasuda, N. Tateishi, S. Fujita: Dynamic changes of astrocytes after transient cerebral ischemia of rats. Neurosci Res 46:S152, 2003.
  7. S. Fujita The discovery of the matrix cell, the identification of the multipotent neural stem cell and the development of the central nervous system. Cell Structure Function 28:205-228, 2003

学会発表

〈国際学会発表〉

  1. K. Uno, Y. Mitsuishi, K. Okuno, H. Saotome, H. Fujiwara, T. Kishida Intracellular glutathione levels in monocytes conduct anti-tumor immune reactions in tumor-bearing patients  国際インターフェロン・サイトカイン学会(オーストラリア・ケアンズ)


〈国内学会・研究会発表〉

  1. 宇野賀津子、沢田学、河合すみれ、谷都美子、岸田綱太郎 老齢婦人に対する化粧療法の免疫機能への影響 第3回日本抗加齢医学会(東京)
  2. 岸惇子、高森靖、小久保あおい、小川一行、三石瑤子、永田欽也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 加齢に伴うNK細胞の機能の変化 第3回日本抗加齢医学会(東京)
  3. 宇野賀津子三石瑤子岸田綱太郎 担癌患者モノサイト(Mo)の細胞内還元型グルタチオン(GSH)染色の病態、抗癌剤治療、免疫賦活剤投与による変化第68回日本インターフェロン・サイトカイン学会(東京) 
  4. 宇野賀津子、奥野清隆、早乙女秀雄、岸田綱太郎 担癌患者モノサイト(Mo)の細胞内還元型グルタチオン(GSH)含量測定とその臨床的意義 第62回日本癌学会総会(名古屋) 
  5. 岸惇子、 高森靖、小久保あおい、小川一行、三石瑤子、永田欽也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 ヒト末梢血PBMCから分泌されるgranulysinの臨床的意義第62回日本癌学会総会(名古屋)
  6. 小久保あおい岸惇子岸田綱太郎 IFN activated NK 療法における癌種別 NK 活性の検討 第62回日本癌学会総会(名古屋)
  7. 宇野賀津子、沢田貴志、内海眞、菊池恵美子、吉崎和幸、白阪琢磨 日本における在日外国人HIV感染者医療状況の3年間の変遷 第17回日本エイズ学会総会(神戸)
  8. 宇野賀津子三石瑤子、奥野清隆、羽室淳爾、早乙女秀雄、藤原大美、岸田綱太郎 IL-12/IL-18刺激によるCD14+モノサイトからのIFN-γ産生と担癌患者におけるオートクライン/パラクライン自然免疫応答活性化機構 第33回日本免疫学会(福岡)
  9. 岸惇子、高森靖、小川一行、三石瑤子、永田欽也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 ヒト末梢血PBMCから分泌されるgranulysinの臨床的意 第33回日本免疫 学会(福岡)
  10. 愛岩世高、谷知美、戸田登志也、山田勝重、奥平武則、赤谷薫、家森幸男 カスピ海ヨーグルトから分離したLactococcus lactis subsp.cremoris F株とAcetobacter orientalis F株の混合培養に関する研究 平成15年度日本醸造学会大会(東京)
  11. 谷知美、愛岩世高、戸田登志也、山田勝重、奥平武則、赤谷薫、家森幸男 カスピ海ヨーグルトから分離したLactococcus lactis subsp.cremoris F株とAcetobacter orientalis F株の混合培養による豆乳発酵物 平成15年度日本醸造学会大会(東京)
  12. 岸田綱郎 In vivo electroporation を用いた骨格筋細胞へのsiRNA導入 分子生物学会(神戸)
  13. 宇野賀津子(パネルディスカッション コーディネーター)外国籍府民に対する医療保障問題を考えるシンポジウム(京  
  14. 宇野賀津子 外国人HIV/AIDS患者医療の充実の為に-医療の場で活躍できる通訳派 遣体制確立に向け エイズ対策推進事業研究成果4班合同研究発表会(京都)
  15. 宇野賀津子(パネリスト)「まだ少ない女性研究者、それは女性だけの問題か?」細胞生物学会フリーミーティング

2002年

原著

  1. A. Kishi, Y. Takamori, K. Ogawa, S. Takano, S. Tomita, M. Tanigawa, M. Niman, T. Kishida, S. Fujita. Differential expression of granulysin and perforin by NK cells in cancer patients and correlation of impaired granulysin expression with progression of cancer. Cancer Immunology Immunotherapy : 50:604-614, 2002
  2. A.Kishi, Y.Takamaori, Y.Mituishi, A.Kokubo, K.Uno, K.Ogawa, K.Nagata, S.Takano, T.Kishida, S.Fujita Effects of IFN-γ on intracellular expression of perforin and granulysin on NK cells in humans. J IFN & Cytokine Res. S-198, 2002
  3. W. Adachi, Y. Mitsuishi, K. Terai, C. Nakayama, Y. Hyakutake, J. Yokoyama, C. Mochida, S. Kinoshita The association of HLA with young-onset keratoconus in Japan. Am J Ophthalmol. 133(4):557-559, 2002
  4. K.Uno, Y.Mituishi, K.Okuno, H.Saotome, and T.Kishida Clinical significance of monitoring IL-12/IL-18 responsiveness in T cells in predicting immunotherapeutic outcome. J IFN & Cytokine Res. S-169, 2002
  5. T. Naito, H. Yoshioka, Y. Yasuda. Migration and proliferation of motile immature glial cells in the developing cerebral cortex of infantile rat. Acta Histichem. Cytochem. 35: 407-416, 2002
  6. Y.Yasuda, S.Fujita. The expression of MAPs in the developing chick optic tectum. Acta Histochem. Cytochem. 35:62,2002

学会発表

〈国際学会発表〉

  1. K.Uno,Y.Mituishi, K.Okuno, H.Saotome, and T.Kishida Clinical significance of monitoring IL-12/IL-18 responsiveness in T cells in predicting immuno- therapeutic outcome. 国際インターフェロン・サイトカイン学会(イタリア・トリノ)
  2. A.Kishi, Y.Takamaori, Y.Mituishi, A.Kokubo, K.Uno, K.Ogawa, K.Nagata, S.Takano, T.Kishida, S.Fujita Effects of IFN-γ on intracellular expression of perforin and granulysin on NK cells in humans. 国際インターフェロン・サイトカイン学会(イタリア・トリノ)
  3. K. Uno, Y. Mitsuishi , T. Kishida An immune response loop from TCR sensitization to induction of T cell IL-12/IL-18 responsiveness via IL-12 production in tumor-bearing patients and status to support these circuit. インターフェロン&サイトカインワークショップ(イタリア・シエナ)
  4. Y.Mituishi, K.Uno, A.Kishi, T.Kishida Our immuno-therapies using low titer leukocyte IFN. インターフェロン&サイトカインワークショップ(イタリア・シエナ)

国内学会・研究会発表〉

  1. 宇野賀津子三石瑤子、奥野清隆、早乙女秀雄、藤原大美、岸田綱太郎 癌患者の治療経過に伴うT細胞のIL-12/IL-18応答性の変化 第67回インターフェロン・サイトカイン学会・学術集会(東京)
  2. 宇野賀津子三石瑤子、奥野清隆、水谷陽一、早乙女秀雄、藤原大美、岸田綱太郎 血中IL-12、T細胞のIL-12/IL-18応答性に具現される一連の抗腫瘍免疫応答とそれを発現する患者の特性 第61回日本癌学会総会(東京)
  3. 小久保あおい岸惇子赤谷薫扇谷えり子藤田晢也岸田綱太郎 乳酸菌による細胞障害活性増強効果の検討 第61回日本癌学会総会(東京)
  4. 宇野賀津子三石瑤子、羽室淳爾、奥野清隆、早乙女秀雄、藤原大美、岸田綱太郎 担癌患者モノサイトのグルタチオン含量とT細胞のIL-12応答性 第32回日本免疫学会学術集会(東京)
  5. 岸惇子、高森靖、三石瑤子宇野賀津子、小川一行、永田欣也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 サイトカイン刺激によるNK細胞内perforin, granulysinの発現の検討 第32回日本免疫学会学術集会(東京)
  6. 赤谷薫岸惇子扇谷えり子小久保あおい藤田晢也岸田綱太郎 Lactobacillus pentosusにおける細胞外多糖、接着性と免疫賦活能 第6回腸内細菌学会(東京)
  7. 赤谷薫岸田綱太郎 グルジア産粘質発酵乳における乳酸球菌と好気性細菌の共生 日本乳酸菌学会2002年度大会(東京)
  8. 宇野賀津子、沢田貴志、内海眞、菊池恵美子、吉崎和幸、白阪琢磨外国人HIV/AIDS患者医療の充実の為にー医療の場で活躍できる通訳派遣体制確立に向けてー 第16回日本エイズ学会学術集会(名古屋)
  9. 池上信子宇野賀津子 グリチロン錠服用による免疫能改善効果のエビデンス「飲むべきか、飲まざるべきか、グリチロン、教えて」のHIV感染者の質問に答えて 第16回近畿エイズ研究会



ホーム > 研究活動 > 研究業績