ホーム研究活動研究室紹介 > 詳細
臨床研究部

臨床病理研究部

 当研究部は病理学を基礎とした形態診断学にデジタル情報技術を広く導入、病理診断情報をデジタル化することにより、これに記録性、客観性、伝送性をもたらしました。それらの地域医療への応用として遠隔病理診断(テレパソロジー)システムを開発、京都府下の主要国公立病院を対象とした地域医療支援病理診断を可能としました。

 テレパソロジーシステムは初期のISDN依存自動化顕微鏡システムから、光ファイバーシステムへの移行、さらにはバーチャルスライドシステムへ発展させつつあり、これらのシステム開発は民間企業グループとの共同研究として当研究部の主要テーマの一つとなっています。またテレパソロジーのシステム開発とその実地応用の過程で、病理診断の構造解析が可能となることが明らかとなり、症例の蓄積とともに病理診断の構造的類型化を行いつつあります。

 一方、遠隔医療は社会システムとして適切に位置づける必要があることから、遠隔病理診断および細胞診の運用ガイドラインの作成を手がけています。これらは技術進歩および社会の変化に併せて常に見直しを要するものですから、絶えず改定検討を行っています。また遠隔病理診断支援を行っている地域病院に対して広く病理診断コンサルテーションを行っている関係から、難解例や希少症例が当研究部へもたらされます。それらの臨床病理学的症例研究を行っています。

研究項目:

1) 遠隔病理診断システムの開発とその至適社会適用の研究
2) テレパソロジー運用ガイドラインの作成とその改定検討
3) テレサイトロジー運用ガイドラインの作成とその改定検討
4) バーチャルマイクロスコピーの開発と応用の研究
5) 病理診断および細胞診の構造解析
6) pathology informatics (病理情報学)の構築
7) 病理診断学とくに消化器病理学
8) 細胞診断学一般と細胞判定法の研究

臨床病理研究部 遠隔診断装置 ←自動化顕微鏡搭載光ファイバー遠隔診断装置

連絡先: 臨床病理研究部 tel/fax 直通: 075-465-8082
 E-mail: tsuchi@louis-pasteur.or.jp

(部長: 土橋 康成)

   <関連学会>
   日本デジタルパソロジー研究会(旧日本テレパソロジー・バーチャルマイクロスコピー研究会)
     第15回研究会総会案内
http://www.medic.mie-u.ac.jp/tpvm/