ホーム研究活動研究室紹介 > 詳細
基礎研究部

フリーラジカル医科学研究室

 

当研究室では電子スピン共鳴装置(ESR)や化学発光装置などを用いて、試験管内および細胞などでのフリーラジカル産生やフリーラジカル消去能を測定しています。

ESR装置は食品や物質で生成するラジカル種(スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、メチルラジカル、NOラジカルな)の同定、フリーラジカル消去能を測定する機器です。フローシステムによるラジカル発生の安定性と自動化を目指して、より簡便に評価できる系を使い、抗酸化物質などの介入試験前後でのヒト血漿検体においても各種ラジカル種の消去能が測定できると考えています。

化学発光装置ではESR法より非常に感度が高いので、細胞一つから産生されるようなフリーラジカルも検出することが可能です。よって、炎症の場で活躍する好中球やアレルギー反応における好塩基球など、ヒトの細胞を用いて、検討したい薬剤や食品およびその他の物質のフリーラジカル産生や消去におよぼす影響をみることができます。また、蛍光分光光度計によりプレートに播いた培養細胞からの過酸化水素や一酸化窒素化合物、好中球のミエロペルオキシダーゼなどを感度良く測定することも可能です。

 上記in vitroの系に加えてアレルギー疾患モデルラットや老化促進マウスなどを用いて、さまざまな食品や抗酸化物質を投与し、その有効性を検討しています。

            化学発光装置
                     AccuFLEX Lumi400
 
(日立アロカメディカル社)  



(室長: 吉川敏一(併任)、上席研究員:二木鋭雄、客員研究員:南山幸子

ページの先頭へ