組織の概要

| 組織図 | パストゥール通信 | パストゥール会 |

設立趣旨

ルイ・パストゥールの理念に基づき、ウイルス性疾患や癌や難病などに関し、医学内部の専門性の境界にとらわれず、とくに各人に内在する自然免疫力の増強の観点から、基礎的・臨床的研究を行い、心身両面での、人々の病気に対する悩みを可能な限り軽減し、予防することを目標とする。 理念の実現に向かって

  • 難治性ウイルス疾患、癌、難病などの予防と治療についての基礎的研究と臨床的研究。
  • 脳の分化・機能発現・老化などの研究とそれらの異常に関する予防的対策の研究。
  • 国内および国外の研究機関との協力研究。
  • 学術出版物の刊行。
定款 (ここをクリックしてください)
沿革
1986年 3月  (財)京都パストゥール研究所 設立 岸田綱太郎 理事長就任
1987年 4月  パストゥール会 発足
1988年11月  (財)京都パストゥール研究所 開所
1989年 2月  附属京都パストゥール診療所 開設、 岸田綱太郎 診療所長就任
1989年 4月  京都パストゥール研究所バイオ産業研究開発ソサエティ(バイオ・ソサエティ)
          開設 
1989年11月  パストゥールビルが「第一回京都市都市景観賞」 受賞
1992年 3月  『生きがい療法』京都学習会 開始
1993年 9月  イフナンク(IFNANK)療法 開始
1995年 4月  藤田晢也 研究所長に就任
1996年 3月  京都パストゥール研究所をルイ・パストゥール医学研究センターに改称
2005年 8月  同志社大学と交流に関する包括協定を締結
2006年 9月  岸田綱太郎理事長 逝去
2007年 3月  片山傳生 理事長就任
2008年 4月  附属診療所を医聖会 百万遍クリニックとして分離
2008年10月  分子免疫研究部に分子免疫研究所を発足
2011年 8月  渡邊好章 理事長就任
2014年 4月   内閣府所管の公益財団法人として発足
2014年 5月  公益財団法人再発足を記念して、公開討論会「おもしろ、おかしく 老いを楽しむ」を開催
2015年 6月  吉川敏一 理事長就任
組織図
理事会・評議員会 基礎研究部
事務局 インターフェロン・
生体防御研究室
パストゥール会
サイトカイン・
キラー細胞研究室
バイオ・ソサエティ
細胞学研究室
神経科学研究室
有用微生物研究室
臨床病理研究室
臨床免疫機能
研究室
 健康・スポーツ    医科学研究室
 ハイパーサーミア   医科学研究室
 シックハウス      医科学研究室
がん免疫
医科学研究室
フリーラジカル
医科学研究室
分子免疫研究所   (登録衛生検査所)



ページの先頭へ

当センターのPR誌 パストゥール通信

パストゥール通信題字

最新号
がお読みいただけます(PDFファイル)。(別ウィンドウで開きます)
パストゥール通信の参考文献・資料 こちら

パストゥール会入会のおすすめ

当研究センターの事業目的にご賛同のうえ、入会金(初年度のみ)、年会費をお納めいただくことに よって、成人病や「がん」などの早期発見や、その新しい治療法の研究・開発に取り組んでいる私たちセンターの運営維持、研究活動にお力添えをいただけます。

入会方法 どなたでも、いつからでもご入会いただけます。ご入会時に、所定申込書にご記入のうえ、入会金、年会費をお納めいただきます。
会 費 入 会 金 年 会 費
個 人 2万円 3万円
法 人 10万円 15万円
特 典 個 人 ・ 「パストゥール通信」の送付、講演会へのご案内など健康に関する情報  の提供
・ 30分ヘルスチェックの年2回無料検査
法 人 各団体様の指定する5名(年間)の方を個人会員待遇といたします。

詳しくは事務局までお問い合わせください。



ルイ・パストゥール(パスツール)(Louis Pasteur、1822-1895)は、フランスの化学者、微生物学者で、嫌気性微生物や乳酸発酵の発見、低温殺菌法や破傷風ワクチンの発明、自然発生説の否定実験など、数々の偉大な業績を残しました。

ページの先頭へ