お知らせ

生物安全実践講習会 開催案内

期日: 令和3年3月9日(火) 9:00〜17:15
会場: 登録会館 大ホール (公社)全国和牛登録協会 2階
所在地〒604-0845 京都市中京区烏丸通御池上る二条殿町546番地2

公益財団法人 ルイ・パストゥール医学研究センター
一般財団法人 機能水研究振興財団

基盤コース受講のお誘い

(公財)ルイ・パストゥール医学研究センター (一財)機能水研究振興財団 共同公益事業

現在私たちは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)というパンデミック流行禍にさらされ、緊急事態宣言などによりたいへん不自由な生活を余儀なくされています。マスコミは “悲観的情報”を喧伝していますが、中には憶測に基づく情報(インフォデミック)も含まれており、それらに惑わされないためには的確なファクトチェックに基づく確実な情報を識別できる基本知識をもつことが重要です。

人類の歴史は感染症との闘いの歴史でもあります。感染症に打ち克つために不断の努力が行われ、20世紀半ば以降は、抗生物質や抗ウイルス剤、ワクチンの開発により、スペイン風邪(1918~19年のパンデミック)の頃は不可能であった数々の細菌やウイルス病原体を克服できる術を獲得してきました。

しかし、COVID-19に関しては、ワクチンや医薬品の開発・供給が実現していない状況です。また、同類の感染症であるSARS、MERSとは異なり、重症感染者の比率が少なく、無症状や軽症の感染者の比率が高いことが判明しました。そのため、緊急事態宣言における要請事項をみると、感染症の発生・流行の3要素である病原体、感染経路、および感受性宿主(ヒト)の中で、感染経路の対策が要となっています。

一方、感染症法にリストアップされている感染症は100種類以上あり、病毒性に応じて最も危険な一類感染症から五類感染症まで5段階に分類されています。それらの原因病原体について基本性質や取扱い法、感染経路とその制御法に関する知識を身に着けた人材を育成していくことが求められています。そこで、ルイ・パストゥール医学研究センターと機能水研究振興財団では、3年ほど前より国立感染症研究所(感染研)出身の専門家の協力を得て、標記の講習会を共同共益事業として立ち上げ、昨年2月に京都で開始し、8月に第2回を東京で開催しました。そして、この度京都において第3回講習会を実施することになりました。

講習会は、座学と実習、特別講演、総合討論、理解度試験から構成されますが、座学の講義は感染研出身者などの感染症専門家、実習は手指消毒やマスク、顕微鏡観察、清浄度試験に関するリーダー企業の方々に担当していただきます。講習会を通じて、感染防止対策に不可欠の基盤的な知識と技術を学ぶことができます。

以下「実施要項」、「プログラム概要」も合わせてご覧いただき、お申込みいただければ幸いに存じます。 多数の皆様のご参加をお待ちいたしております。

2021年1月吉日
(公財)ルイ・パストゥール医学研究センター
理事長 吉川 敏一
(一財)機能水研究振興財団
理事長 堀田 国元

第3回 生物安全基盤コース 実施要項

開催日時 令和3(2021)年3月9日(火)9:00~17:15(開場8:45)
会場 登録会館 大ホール (公社) 全国和牛登録協会 2階
所在地 京都市中京区烏丸通御池上る二条殿町546番地2
アクセス:市営地下鉄烏丸御池駅徒歩1分
内容 生物安全基盤コース(別紙プログラム概要を参照下さい)
対象者 病原体の基盤知識を必要とされる、医療・衛生機器、食品加工機器、建築設備などの開発・設計や医療・介護、食品、スポーツ施設、実験室等の維持管理に従事される方。
受講料 1名 20,000円
定員 32名(密閉・密集・密接を避けるために180名定員のホールを使用いたします)
定員を超えた場合、事務局で調整させていただきますことをご了承下さい。
申し込み ウェブサイト<https://bit.ly/PBF0309B>にある申込フォームから受付けます。
※セキュリティ上アクセスが困難な方は、折り返しご連絡を差し上げますので homma@fwf.or.jp へご一報ください。
申込締切 2021年2月26日(金)
その他
  • 後援(予定) 厚生労働省 公益社団法人 日本食品衛生協会
  • 受講者全員に修了証を、試験合格者には認定証(認定登録料別途徴収)を交付致します。
  • 受講者への受講料振込、受講要領、認定登録者特典等の詳細は申し込みいただいた方に改めてご連絡致します。

【事務局】 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-20-8
一般財団法人 機能水研究振興財団内 生物安全実践講習会事務局 本間茂
E-mail:homma@fwf.or.jp URL: http://www.fwf.or.jp
TEL:03-5435-8501 FAX:03-5435-8522

講習会プログラム概要

(実習の項目・内容は変更になる可能性がありますことをご了解ください)

時間 区分 科目 演者/講師/スタッフ等
9:00‐9:10 開講挨拶:ルイ・パストゥ-ル医学研究センター理事長 吉川敏一
事務連絡:本日のスケジュール
9:10‐9:25 ガイダンス 生物安全講習会概要 堀田国元 機能水研究振興財団
9:25‐9:55 座学 1 感染症概論 木ノ本 雅通 元国立感染症研究所
9:55‐10:25 座学 2 病原体概論Ⅰ-細菌- 中野 隆史 大阪医科大学医学部
10:25‐10:40 (休憩)
10:40‐11:10 座学 3 病原体概論Ⅱ-ウイルス- 吉澤重克 元千葉県家畜衛生研究所
11:10‐11:40 座学 4 感染防御概論Ⅰ-感染経路対策- 本間茂 機能水研究振興財団
11:40‐12:10 座学 5 感染制御概論Ⅱ-殺菌・消毒- 岩澤篤郎 東京医療保健大学
12:10‐12:50 (休憩・昼食) 昼食は事務局にてご用意いたします。
12:50‐13:30 招待講演 「新型コロナウイルス感染拡大防止対策について」
機を得たご講演をいただくべく講師調整中です。
13:30‐13:50 実習解説 各担当企業
13:40‐15:50 実習A A衛生的手洗い
B ATP検査
C 動く細菌の直接観察
D個人防護具(PPE)の着脱
グループに分かれA〜Dの実習項目を実施する
実習B
実習C
実習D
15:50‐16:00 総合討論 質疑 座学・実習講師
16:00‐16:10 修了証授与
閉講挨拶
堀田国元 機能水研究振興財団理事長
16:10‐16:20 理解度確認

資格認定試験
試験の説明と用紙配布 事務局
16:20‐17:05 解答終了後自由解散

参加申込はこちらより

申し込み:ウェブサイト< https://bit.ly/PBF0309B >の申込フォームから受付けます。
※セキュリティ上アクセスが困難な方は、折り返しご連絡を差し上げますので homma@fwf.or.jp へご一報ください。