組織の概要

組織概要

01

設立趣旨

ルイ・パストゥールの理念に基づき、ウイルス性疾患や癌や難病などに関し、医学内部の専門性の境界にとらわれず、とくに各人に内在する自然免疫力の増強の観点から、基礎的・臨床的研究を行い、心身両面での、人々の病気に対する悩みを可能な限り軽減し、予防することを目標とする。 理念の実現に向かって、

  • 難治性ウイルス疾患、癌、難病などの予防と治療についての基礎的研究と臨床的研究。
  • 脳の分化・機能発現・老化などの研究とそれらの異常に関する予防的対策の研究。
  • 国内および国外の研究機関との協力研究。
  • 学術出版物の刊行。

02

定款

03

沿革

1986年 3月 (財)京都パストゥール研究所 設立 岸田綱太郎 理事長就任
1987年 4月 パストゥール会 発足
1988年11月 (財)京都パストゥール研究所 開所
1989年 2月 附属京都パストゥール診療所 開設、 岸田綱太郎 診療所長就任
1989年 4月 京都パストゥール研究所バイオ産業研究開発ソサエティ(バイオ・ソサエティ)開設
1989年11月 パストゥールビルが「第一回京都市都市景観賞」 受賞
1992年 3月 『生きがい療法』京都学習会 開始(~2010年)
1992年 2月 岸田 綱太郎が京つけもの すぐき漬けからラブレ菌を発見
1993年 9月 イフナンク(IFNANK)療法 開始(~2008年)
1995年 4月 藤田晢也 統括研究員に就任
1996年 3月 京都パストゥール研究所をルイ・パストゥール医学研究センターに改称
1996年 9月 パストゥール没後100周年記念行事開催、ギリシャより寄贈されたヒポクラテスの木を植樹
2000年 4月 パリ パストゥール研究所のリュック・モンタニエ教授と連携して、HIV/AIDSの研究遂行
HIV/AIDS対訳用語集と対訳集HIV治療薬服薬指導書を作成
2002年 11月 イラン首都テヘランで原爆写真展を開催
2005年 8月 同志社大学と交流に関する包括協定を締結
2006年 1月 京都府における遠隔病理診断開始
2006年 9月 岸田綱太郎 理事長逝去
2007年 3月 片山傳生 理事長就任
2008年 4月 附属診療所を分離 百万遍クリニック開設
2008年10月 分子免疫研究部に分子免疫研究所を発足(~2020年)
2011年 8月 渡邊好章 理事長就任
2011年 9月 日本学術振興会による放射線計測福島支援活動を開始(~2015年)
2014年 4月 内閣府所管の公益財団法人として発足
2014年 5月 公益財団法人再発足を記念して、公開討論会「おもしろ、おかしく 老いを楽しむ」を開催
2015年 4月 環境省、福島県放射線健康管理・健康不安対策事業に参画
2015年 6月 吉川敏一 理事長就任
2018年 4月 2016年の熊本地震に際し復興支援活動を行い、熊本市より感謝状受理
2020年 2月 生物安全実践講習会開始
2021年 4月 研究助成金公募開始

組織図

(2021年9月現在)