2003年 研究業績

原著

  1. K. Uno, Y. Mitsuishi, M. Tanigawa, K. Okuno, N. Hirai, Y. Mizutani, H. Saotome, H. Fujiwara, T. Kishida : A series of immune responses leading to induction of T cell IL-12/IL-18 responsiveness is induced in patients with relatively large tumor burdens. Cancer Immunol. Immunotherapy, vol.52,33-40, 2003.

  2. K. Uno, Y. Mitsuishi, K. Okuno, H. Saotome, H. Fujiwara, T. Kishida. :Intracellular glutathione levels in monocytes conduct anti-tumor immune reaction in tumor-bearing patients. Proc. Ann. IFN & Cytokine Res. 248, 2003

  3. Y. Yasuda, S. Fujita: Distribution of MAP1A, MAP1B, and MAP2A&B during layer formation in the optic tectum of developing chick embryos. Cell Tissue Res. 314:315-324, 2003. 

  4. S. Fujita, Y. Yasuda: Molecular mechanism of elevator movement. Acta Histochem Cytochem. 36:393-398, 2003.

  5. 藤田晢也安田ゐう子:グリア細胞:脳虚血における反応とその医学的意味.脳循環代謝:89-94, 2003.

  6. Y. Yasuda, N. Tateishi, S. Fujita: Dynamic changes of astrocytes after transient cerebral ischemia of rats. Neurosci Res 46:S152, 2003.

  7. S. Fujita The discovery of the matrix cell, the identification of the multipotent neural stem cell and the development of the central nervous system. Cell Structure Function 28:205-228, 2003

学会発表

国際学会発表

  1. K. Uno, Y. Mitsuishi, K. Okuno, H. Saotome, H. Fujiwara, T. Kishida Intracellular glutathione levels in monocytes conduct anti-tumor immune reactions in tumor-bearing patients  国際インターフェロン・サイトカイン学会(オーストラリア・ケアンズ)

国内国内学会・研究会発表

  1. 宇野賀津子、沢田学、河合すみれ、谷都美子、岸田綱太郎 老齢婦人に対する化粧療法の免疫機能への影響 第3回日本抗加齢医学会(東京)

  2. 岸惇子、高森靖、小久保あおい、小川一行、三石瑤子、永田欽也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 加齢に伴うNK細胞の機能の変化 第3回日本抗加齢医学会(東京)

  3. 宇野賀津子三石瑤子岸田綱太郎 担癌患者モノサイト(Mo)の細胞内還元型グルタチオン(GSH)染色の病態、抗癌剤治療、免疫賦活剤投与による変化第68回日本インターフェロン・サイトカイン学会(東京) 

  4. 宇野賀津子、奥野清隆、早乙女秀雄、岸田綱太郎 担癌患者モノサイト(Mo)の細胞内還元型グルタチオン(GSH)含量測定とその臨床的意義 第62回日本癌学会総会(名古屋) 

  5. 岸惇子、 高森靖、小久保あおい、小川一行、三石瑤子、永田欽也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 ヒト末梢血PBMCから分泌されるgranulysinの臨床的意義第62回日本癌学会総会(名古屋)

  6. 小久保あおい岸惇子岸田綱太郎 IFN activated NK 療法における癌種別 NK 活性の検討 第62回日本癌学会総会(名古屋)

  7. 宇野賀津子、沢田貴志、内海眞、菊池恵美子、吉崎和幸、白阪琢磨 日本における在日外国人HIV感染者医療状況の3年間の変遷 第17回日本エイズ学会総会(神戸)

  8. 宇野賀津子三石瑤子、奥野清隆、羽室淳爾、早乙女秀雄、藤原大美、岸田綱太郎 IL-12/IL-18刺激によるCD14+モノサイトからのIFN-γ産生と担癌患者におけるオートクライン/パラクライン自然免疫応答活性化機構 第33回日本免疫学会(福岡)

  9. 岸惇子、高森靖、小川一行、三石瑤子、永田欽也、高野昇一、岸田綱太郎藤田晢也 ヒト末梢血PBMCから分泌されるgranulysinの臨床的意 第33回日本免疫 学会(福岡)

  10. 愛岩世高、谷知美、戸田登志也、山田勝重、奥平武則、赤谷薫、家森幸男 カスピ海ヨーグルトから分離したLactococcus lactis subsp.cremoris F株とAcetobacter orientalis F株の混合培養に関する研究 平成15年度日本醸造学会大会(東京)

  11. 谷知美、愛岩世高、戸田登志也、山田勝重、奥平武則、赤谷薫、家森幸男 カスピ海ヨーグルトから分離したLactococcus lactis subsp.cremoris F株とAcetobacter orientalis F株の混合培養による豆乳発酵物 平成15年度日本醸造学会大会(東京)

  12. 岸田綱郎 In vivo electroporation を用いた骨格筋細胞へのsiRNA導入 分子生物学会(神戸)

  13. 宇野賀津子(パネルディスカッション コーディネーター)外国籍府民に対する医療保障問題を考えるシンポジウム(京都)

  14. 宇野賀津子 外国人HIV/AIDS患者医療の充実の為に-医療の場で活躍できる通訳派 遣体制確立に向け エイズ対策推進事業研究成果4班合同研究発表会(京都)

  15. 宇野賀津子(パネリスト)「まだ少ない女性研究者、それは女性だけの問題か?」細胞生物学会フリーミーティング