2020年 研究業績

原著

  1. Shirakoa S, Kojima Y, Hasegawa T, Yoshikawa T, Matsumura Y, Ikeda K, Inagaki N, Sato K
    Identification of short-chain pyroglutamyl peptides in Japanese salted fermented soy paste (miso) and their anti-obesity effect J. Food Bioact. 129-139, 2020 Dec.

  2. Nagaya H, Hayashi T, Ohsawa Y, Toriumi F, Torii HA, Uno K.
    Net-TF-SW: Event Popularity Quantification with Network Structure.
    Procedia Comput Sci. 2020;176:1693-1702. doi: 10.1016/j.procs.2020.09.194. Epub 2020 Oct 2.PMID: 33042302 

  3. Uno K, Muso E, Ito-Ihara T, Endo T, Yasuda Y, Yagi K, Suzuki K
    Impaired HVJ-stimulated Interferon producing capacity in MPO-ANCA-Associated vasculitis with Rapidly Progressive Glomerulonephritis lead to susceptibility to infection.
    Cytokine, 2020 Dec;136:155221. doi: 10.1016/j.cyto.2020.155221. Epub 2020 Aug. 19.PMID: 32828064

  4. Kobayashi K, Liu Y, Ichikawa H, et al.
    Effects of bisphenol A on oxidative stress in the rat brain.  Antioxidants. 2020; 9: 240. doi:10.24659/gsr.7.2_132

  5. Minamiyama Y, Kobayashi K, Noguchi Y, Takemura S, Ichikawa H.
    Actions of various sweeteners on rat sperm.  Glycative Stress Research 7 (2): 132-141, 2020

  6. Okina Y, Sato-Matsubara M, Matsubara T, Daikoku A, Longato L, Rombouts K, Thanh Thuy LT, Ichikawa H, Minamiyama Y, Kadota M, Fujii H, Enomoto M, Ikeda K, Yoshizato K, Pinzani M, Kawada N
    TGF-β1-driven reduction of cytoglobin leads to oxidative DNA damage in stellate cells during non-alcoholic steatohepatitis.  J Hepatol. 2020;73(4):882-895. doi:10.1016/j.jhep.2020.03.051. 

  7. Yano H, Nakano R, Suzuki Y, Nakano A, Kasahara K, Hosoi H
    Inactivation of severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 (SARS-CoV-2) by gaseous ozone treatment.
    J Hosp Infect 106, 837-838, 2020

  8. Kakuta N, Nakano R, Nakano A, Suzuki Y, Tanouchi A, Masui T, Horiuchi S, Endo S, Kakuta R, Ono Y, Yano H
    A Novel Mismatched PCR-Restriction Fragment Length Polymorphism Assay for Rapid Detection of gyrA and parC Mutations Associated With Fluoroquinolone Resistance in Acinetobacter baumannii. Ann Lab Med 40: 27-32, 2020

  9. Suzuki Y, Nazareno PJ, Nakano R, Mondoy M, Nakano A, Bugayong MP, Bilar J, Perez M 5th, Medina EJ, Saito-Obata M, Saito M, Nakashima K, Oshitani H, Yano H
    Environmental presence and genetic characteristics of carbapenemase-producing Enterobacteriaceae from hospital sewage and river water in the Philippines.  Appl Environ Microbiol 88: e01906-19, 2020

  10. Hayakawa K, Nakano R, Hase R, Shimatani M, Kato H, Hasumi J, Doi A, Sekiya N, Nei T, Okinaka K, Kasahara K, Kurai H, Nagashima M, Miyoshi-Akiyama T, Kakuta R, Yano H, Ohmagari N
    Comparison of IMP carbapenemase-producing Enterobacteriaceae with non-carbapenemase-producing Enterobacteriaceae: a multicentre prospective study of clinical and molecular epidemiology of carbapenem-resistant Enterobacteriaceae.   J Antimicrob Chemother 75: 697-708, 2020

  11. Eda R, Nakamura M, Takayama Y, Maehana S, Nakano R, Yano H, Kitasato H
    Trends and Molecular Characteristics of Carbapenemase-Producing Enterobacteriaceae in Japanese Hospital From 2006 to 2015.  J Infect Chemother 26: 667-671, 2020

  12. Suzuki K, Kurono Y, Ikeda K, Hotomi M, Yano H, Watanabe A, Matsumoto T, Takahashi Y, Hanak H
    The seventh nationwide surveillance of six otorhinolaryngological infectious diseases and the antimicrobial susceptibility patterns of the isolated pathogens in Japan.  J Infect Chemother 26: 890-899, 2020

  13. Suzuki K, Kurono Y, Ikeda K, Hotomi M, Yano H, Watanabe A, Matsumoto T, Takahashi Y, Hanaki H 'Corrigendum to "The seventh nationwide surveillance of six otorhinolaryngological infectious diseases and the antimicrobial susceptibility patterns of the isolated pathogens in Japan"  [J Inf Chem 26 (2020) 890-899]'. J Infect Chemother 26: 1338-1343, 2020

  14. Hayashi T, Kitamura K, Hashimoto S, Hotomi M, Kojima H, Kudo F, Maruyama Y, Sawada S, Taiji H, Takahashi G, Takahashi H, Uno Y, Yano H
    Clinical Practice Guidelines for the Diagnosis and Management of Acute Otitis Media in Children—2018 update.
    Auris Nasus Larynx 47: 493-526, 2020

  15. Kakuta N, Nakano R, Nakano A, Suzuki Y, Masui T, Horiuchi S, Kakuta R, Tsubaki K, Ogawa M, Yano H
    Molecular characteristics of extended-spectrum β-lactamase-producing Klebsiella pneumoniae in Japan: predominance of CTX-M-15 and emergence of hypervirulent clones.  Int J Infect Dis 98: 281-286, 2020

  16. Khalifa HO, Okanda T, Abd El-Hafeez AA, El Latif AA, Habib AGK, Yano H, Kato Y, Matsumoto T
    Comparative Evaluation of Four Assays for Detection of Carbapenemases with a Proposed Scheme for Their Precise Application.  J Mol Diagn 22: 1129-1138, 2020

  17. Yonekawa S, Mizuno T, Nakano R, Nakano A, Suzuki Y, Asada T, Ishii A, Kakuta N, Tsubaki K, Mizuno S, Ogawa M, Yano H, Kasahara K, Mikasa K
    Molecular and Epidemiological Characteristics of Carbapenemase-Producing Klebsiella pneumoniae Clinical Isolates in Japan.  mSphere 21: e00490-20, 2020

  18. Hirai N, Kasahara K, Nakano R, Ogawa Y, Suzuki Y, Ogawa M, Hishiya N, Nakano A, Ichimura S, Yano H, Yoshikawa M  Clinical characteristics and molecular epidemiology of invasive Streptococcus agalactiae infections between 2007 and 2016 in Nara, Japan.  PLoS ONE 19: e0240590, 2020

  19. Ogawa Y, Nishida K, Gohma I, Kasahara K, Yano H
    Assessing the effects of exposure to a SARS-CoV-2 re-positive patient in healthcare personnel.
    BMC Res Notes 13: 511, 2020

  20. Oda S, Takai T, Kawasaki N, Sakamoto K, Yokota S, Nagatani T
    The Potential of Wine-Tourism for Preservation of Agricultural Resources for the Future Generations: A Case Study of Katashimo Winery in Japan.
    American Society for Enology & Viticulture JAPAN Chapter, Vol.31, No.1, pp3-14, Jun. 2020
    2020年12月日本ブドウ・ワイン学会・学会誌賞受賞

  21. Hasegawa T, Sugiura S, Asano M, Yonei Y
    Cyanobacterium proliferative actuins by special-glaze-applied ceramic pieces and their utilization.
    Glycative Stress Research, 7(1), pp88-104 (2020)

  22. Shirako S, Kojima Y, Hasegawa T, Yoshikawa T, Matsumura Y, Ikeda K, Inagaki N, Sato K
    Identification of short-chain pyroglutamyl peptides in Japanese salted fermented soy paste (miso) and their anti-obesity effect.  Journal of Food Bioactives, 12, pp129-139, (2020)

  23. 河野恭彦,下道國,早川博信,谷口和史,田中雅人,田中仁美,尾上洋介,長屋弘,鳥居寛之,宇野賀津子 
    福島第一原子力発電所事故後のウェブサイト「専門家が答える暮らしの放射線Q&A」の活動内容分析と得られた教訓―この経験を未来に伝承するために―  保健物理55(4),2020 Jpn.   J. Health Phys DOI:10.5453/jhps.55.226

  24. 小田滋晃、横田茂永、川﨑訓昭
    農業生産諸資源の保全・再生の課題と可能性-農地と人に焦点を当てて
    京都大学大学院農学研究科生物資源経済学専攻『生物資源経済研究』第25号、 pp.29-39、2020年3月

  25. 前田稔彦、前田雅子、西村龍夫、笠井正志、松元加奈、森田邦彦、矢野寿一
    耳鼻咽喉科診療所を受診した小児急性中耳炎症例の重症度調査  小児耳鼻咽喉科41: 306-312, 2020

  26. 池田勝久、林達哉、上出洋介、保富宗城、矢野寿一、鈴木賢二、川内秀之、黒野祐一
    耳鼻咽喉科診療の感染対策に関するアンケート調査  日耳鼻感染症エアロゾル会誌 8:1-5, 2020

  27. 照岡正樹  生体センサを用いたバイオフィードバックの未来 ~脳波を主に~ (指定発言)
    バイオフィードバック研究 47(1): 15-18, 2020

事例報告、症例・臨床治験報告、実践報告

  1. Kakuta R, Nakano R, Yano H, Ozawa D, Ohta N, Matsuoka T, Motoyoshi N, Kawamoto S, Saiki Y, Katori Y, Kaku M
    First two cases of infected aortic aneurysm caused by nonvaccine Streptococcus pneumoniae serotype 23A.
    Ann Lab Med 40: 270-3, 2020

  2. Kakuta R, Shimizu T, Goto H, Endo S, Kanamori H, Ohta N, Nakano R, Yano H, Katori Y, Kaku M Abdominal aortic graft infection caused by stG485.0, ST29 Streptococcus dysgalactiae subsp. equisimilis. Jpn J Infect Dis 73: 65-67, 2020

  3. Hishiya N, Uno K, Amano M, Asada K, Masui K, Ishida Y, Suzuki Y, Hirai N, Nakano A, Nakano R, Kasahara K, Yano H, K Mikasa
    Filifactor alocis brain abscess identified by 16S ribosomal RNA gene sequencing: A case report.
    J Infect Chemother 26: 305-307, 2020

  4. Hirai N, Kasahara K, Yoshihara S, Nishimura T, Omori K, Ogawa Y, Ogawa T, Hishiya N, Suzuki Y, Yano H, Yoshikawa M, Mikasa K
    Necessity to screen and treat latent tuberculosis before ruxolitinib treatment - Ruxolitinib-associated disseminated tuberculosis: A case report and literature review.  IDCases 21: e00892, 2020

  5. Hirai N, Kasahara K, Yoshihara S, Nishimura T, Ogawa Y, Ogawa T, Hishiya N, Suzuki Y, Yano H, Yoshikawa M
    Spinal epidural abscess caused by non-typhoidal Salmonella: A case report and literature review.
    J Infect Chemother 26: 1073-1077, 2020

著書

  1. 宇野賀津子(分担執筆) 第11章インターフェロン研究 その昔 
    『生命とは何かを問い続けて』岩倉 洋一郎:編, 米原 伸:編, 藤澤 順一:編, 浅野 雅秀:編, 川出 才紀:編 
    2020年 京都大学学術出版会

  2. 神本秀爾、岡本圭史(共編著) 『マルチグラフト――人類学的感性を移植する』集広舎、1-248, 2020年2月

  3. 小田滋晃、横田茂永、川﨑訓昭編著  『地域を支える「農企業」-農業経営がつなぐ未来』昭和堂、1-191、2020年3月

総説

  1. 鈴木由希、中野竜一、中野章代、矢野寿一   薬剤耐性グラム陰性桿菌の分子疫学  感染と消毒27: 50-53, 2020

  2. 矢野寿一    吾輩は菌である(3)  ライフサイエンス81: 4-11, 2020

  3. 吉川敏一    医農連携の重要性 (公益社団法人生命科学振興会)医と食 第12巻6号 300-304  2020年12月

その他

  1. 吉川敏一  巻頭言 ライフサイエンス(公益社団法人生命科学振興会)、第46巻第1号、2020年1月、2-3

  2. 吉川敏一  巻頭言 ライフサイエンス(公益社団法人生命科学振興会)、第46巻第2号、2020年4月、2-3

  3. 吉川敏一   インタビュー記事:BCGは新型コロナに有効か、一つの答え 現代ビジネス(講談社)2020年5月7日

  4. 矢野寿一   オゾンガスで新型コロナを無害化確認 奈良県医大、世界初 産経新聞など 2020.5.15

  5. 吉川敏一  巻頭言 ライフサイエンス(公益社団法人生命科学振興会)、第46巻第3号、2020年7月、2-3

  6. 矢野寿一   柿渋でコロナ不活化︖ 奈良県⽴医⼤が発表 産経新聞など 2020.9.15

  7. 吉川敏一  巻頭言 ライフサイエンス(公益社団法人生命科学振興会)、第46巻第4号、2020年10月、2-3

  8. 矢野寿一   お茶で新型コロナ無害化 1分で最⼤99%   奈良県⽴医⼤ 産経新聞など 2020.11.27

  9. 沢田泉小田滋晃、高井利洋、横田茂永、川﨑訓昭、小田昌希、小林康志、藤掛進、峰尾幸宗地域の中小ワイナリーにおける 商品 ラインナップとワイン表示の課題  日本ブドウ・ワイン学会誌、2020年、第31巻第2号、pp112-113

  10. 矢野寿一   不織布マスクを開発・販売 奈良新聞 2020.12.9

  11. 小田滋晃  シリーズ「一農業経済学徒の『ワイン』遍歴(5)~ワインビジネス研究への誘い(終)~」
    ライフサイエンス、第46巻第1号、2020年1月、15-22

  12. 小田滋晃  シリーズ「一農業経済学徒の『ワイン』遍歴(6)~京都大学の南仏での国際交流事業①~」
    ライフサイエンス、第46巻第3号、2020年7月、4-12

  13. 小田滋晃  シリーズ「一農業経済学徒の『ワイン』遍歴(7)~京都大学の南仏での国際交流事業②~」
    ライフサイエンス、第46巻第4号、2020年10月、4-12

学会発表

国際会議・シンポジウム

  1. Sano Y, Torii H. A., Onoue Y., Uno K
    Information spreading about radiation on social media after the Fukushima Daiichi nuclear power plant accident. 
    International School and Conference on Network Science (NetSci 2020) 2020.1.20-23

  2. Baba H, Kanamori H, Suzuki Y, Endo S, Yano H, Kaku M
    CTX-M type extended-spectrum beta-lactamase in Serratia marcescens in Japan.
    30th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID).(パリ)2020.4.18-21

  3. Kanamori H, Makino Y, Baba H, Aoyagi T, Tokuda K, Endo S, Yano H, Kaku M
    Longitudinal genomic analysis of IMP-1 metallo-β-lactamase-producing Enterobacteriaceae at a tertiary care hospital in Northeast Japan.
    30th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases (ECCMID). (パリ)2020.4.18-21

  4. Inufusa H., You F
    Covid-19 Infection is Oxidative Stress Disease. Twendee will be Best Solution to Prevent and Avoid Severe Symptoms.
    22th ISANH International Conference on Oxidative Stress Reduction, Redox Homeostasis & Antioxidants,
    (パリ)2020.10.7-9

  5. You F, Inufusa H
    Does continuous OS reduction prevent and ameliorate diseases through species diversity of intestinal bacteria?
    22th ISANH International Conference on Oxidative Stress Reduction, Redox Homeostasis & Antioxidants,
    (パリ)2020.10.7-9

国内学会・研究会

  1. 鈴木由希、中野竜一、中野章代、角田尚紀、堀内沙央里、角田梨紗子、中島一敏、矢野寿一
    環境中に分布するカルバペネマーゼ産生Acinetobacter属における耐性遺伝子拡散の検討
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.1.31

  2. 中野章代、中野竜一、鈴木由希、角田梨紗子、角田尚紀、堀内沙央里、矢野寿一
    家畜(牛・豚)と畜産農家から分離されたプラスミド性コリスチン耐性遺伝子mcr保有大腸菌の解析
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.2.1

  3. 渡邉真子、中野章代、中野竜一、斉藤開、鈴木由希、角田尚紀、角田梨紗子、堀内沙央里、矢野寿一
    観光地に生息するシカが保有するCTX-M β-lactamase産生大腸菌の特徴
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.2.1

  4. 角田尚紀、中野竜一、中野章代、鈴木由希、角田梨紗子、小川美保、矢野寿一
    国内で分離されたCTX-M型ESBL産生高病原性肺炎桿菌の分子遺伝学的特徴の解明
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.2.1

  5. 斉藤開、中野章代、中野竜一、渡邉真子、鈴木由希、角田尚紀、矢野寿一
    健常人の糞便検体から分離したCTX-M産生大腸菌の遺伝学的背景の解明
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.2.1

  6. (委員会報告)鈴木賢二、池田勝久、黒野祐一、保富宗城、矢野寿一、渡辺彰、松本哲哉、高橋義三郎
    >第7回三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス事業委員会報告―耳鼻咽喉科領域―
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.2.2

  7. 中野竜一、中野章代、鈴木由希、山田友紀、諏訪部章、矢野寿一
    Enterobacter属のカルバペネム耐性機構を識別するディスク法の開発
    第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会(金沢)2020.2.2

  8. 小田滋晃 農副連携推進近畿ブロックセミナー『広がる農福連携の輪』を近畿農政局と共催、京都、2020.2.6

  9. 前山順一、林大介、山本十糸子、大石紳二、山崎利雄、岡林佐知、網康至、須崎百合子、横山晃、尾関百合子、鈴木史子、
    伊保澄子、松本壮吉、山本三郎
    新規結核菌抗原MDP1とDNAアジュバントからなる成人肺結核に対するブースターワクチンの開発
    第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.18–20

  10. 尾関百合子、横山晃、林大介、山本十糸子、大石紳二、伊保澄子、前山順一、西山晃史、立石善隆、山本三郎、松本壮吉
    結核ブースターワクチンの BCG 接種健常者由来リンパ球に対する防御応答惹起性
    第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.18-2

  11. 鈴木由希、中野竜一、Pearl Joy Nazareno、中野章代、源優樹、角田尚紀、堀内沙央里、角田梨紗子、中島一敏、矢野寿一
    環境中に分布するカルバペネマーゼ産生Acinetobacter属およびPseudomonas属における耐性遺伝子拡散の検討
    第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.19

  12. 中野章代、中野竜一、鈴木由希、角田梨紗子、堀内沙央里、角田尚紀、渡邉真子、斉藤開、矢野寿一
    本邦の家畜から分離されたコリスチン耐性遺伝子mcr-1保有大腸菌の性状解析
    第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.19

  13. 渡邉真子、中野章代、中野竜一、斉藤開、鈴木由希、角田尚紀、角田梨紗子、堀内沙央里、矢野寿一
    観光地に生息するシカが保有するCTX-M β-lactamase の解析  第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.19

  14. 斉藤開、中野章代、桝井貴史、中野竜一、渡邉真子、鈴木由希、角田尚紀、矢野寿一
    健常人が保有するCTX-M産生大腸菌の遺伝学的背景の解析  第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.19

  15. 中野竜一、中野章代、山田友紀、成田和也、鈴木由希、諏訪部章、矢野寿一
    誘導実験に伴うカルバペネマーゼNmcAの発現機構の変化  第93回日本細菌学会総会(名古屋)2020.2.20

  16. 宇野賀津子
    低線量放射線とストレス、どちらががんリスクを上げるか 第20回日本抗加齢医学会(東京)2020.6.12-14

  17. (委員会報告)矢野寿一、鈴木賢二、池田勝久、黒野祐一、保富宗城、渡辺彰、松本哲哉、高橋義三郎
    第7回三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス事業―耳鼻咽喉科領域―  第94回日本感染症学会(東京)2020.8.20

  18. (ランチョン)矢野寿一
    薬剤耐性菌に関する最近の話題〜気道感染症原因菌から腸内細菌科まで〜  第94回日本感染症学会(東京)2020.8.20

  19. (シンポジウム)矢野寿一
    30分の壁を破る次世代感染症診断法、遺伝子診断法  第94回日本感染症学会(東京)2020.8.20

  20. 犬房春彦 脳神経疾患の抗酸化治療 ―Twendee X 無限大の可能性―
    第61回日本神経学会学術大会(岡山)2020.8.31-9.2

  21. 西原悠二、奥田菜緒、小川拓、笠原敬、矢野寿一、鈴木由希
    2回連続PCR陰性を選るまで64日間の入院を要したSARS-CoV-2の無症候性病原体保有者の一例
    第68回日本化学療法学会(神戸)2020.9.13

  22. 鈴木由希、中野竜一、中野章代、角田梨紗子、堀内沙央里、矢野寿一
    環境中に分布するPseudomonas属が保有するカルバペネマーゼ遺伝子とその伝達性について
    第68回日本化学療法学会(神戸)2020.9.13

  23. 中野章代、中野竜一、鈴木由希、堀内沙央里、斉藤開、矢野寿一
    本邦の家畜と畜産農家から分離されたプラスミド性コリスチン耐性遺伝子mcr保有大腸菌の関連性について
    第68回日本化学療法学会(神戸)2020.9.13

  24. 斉藤開、中野竜一、中野章代、鈴木由希、山田友紀、諏訪部章、矢野寿一
    NmcA産生Enterobacter cloacae complexのゲノム構造解析および変異株作製実験による高度耐性化機構の解明
    第68回日本化学療法学会(神戸)2020.9.13

  25. 中野竜一、中野章代、鈴木由希、小川美保、矢野寿一
    本邦で分離されるカルバペネマーゼ非産生カルバペネム耐性肺炎桿菌の耐性機構の解明
    第68回日本化学療法学会(神戸)2020.9.13

  26. (委員会報告)矢野寿一、鈴木賢二、池田勝久、黒野祐一、保富宗城、渡辺彰、松本哲哉、高橋義三郎
    第7回三学会合同抗菌薬感受性サーベイランス事業〜耳鼻咽喉科領域〜 第68回日本化学療法学会(神戸)2020.9.14

  27. (教育講演)吉川敏一
    抗加齢医学における医農連携の重要性 第20回日本抗加齢医学会総会(東京)2020.9.25

  28. 鈴木賢二、池田勝久、黒野祐一、保富宗城、矢野寿一
    第6回耳鼻咽喉科領域感染症臨床分離菌全国サーベイランス結果報告 その1 主要6疾患からの検出菌の年次推移と患者背景の検討  第8回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会、投稿、2020.9.25

  29. 鈴木賢二、池田勝久、黒野祐一、保富宗城、矢野寿一
    第6回耳鼻咽喉科領域感染症臨床分離菌全国サーベイランス結果報告 その2 主要検出菌の薬剤耐性の年次推移
    第8回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会、投稿、2020.9.25

  30. 中野竜一、鈴木由希、中野章代、笹原武志、矢野寿一
    銅および黄銅による新型コロナウイルスの不活化効果の検証
    第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会(福岡)2020.11.5

  31. 鈴木由希、中野竜一、福盛達也、中野章代、笠原敬、矢野寿一
    咽頭ぬぐい液中におけるSARS-CoV-2ウイルス感染価に関する検討
    第63回日本感染症学会中日本地方会学術集会(福岡)2020.11.5

  32. 中野章代、渡邉真子、中野竜一、鈴木由希、堀内沙央里、斉藤開、矢野寿一
    観光地の鹿が保有する第3世代セファロスポリン耐性大腸菌の特徴
    第68回日本化学療法学会西日本支部総会(福岡)2020.11.5

  33. 渡邉真子、中野竜一、中野章代、山田友紀、鈴木由希、斉藤開、八木理子、遠藤謙太郎、諏訪部章、矢野寿一
    Sed-1 β-ラクタマーゼ産生Citrobacter sedlakiiの調節遺伝子による誘導機構の解明
    第68回日本化学療法学会西日本支部総会(福岡)2020.11.6

  34. 斉藤開、中野竜一、中野章代、鈴木由希、山田友紀、諏訪部章、矢野寿一
    NmcA産生 Enterobacter ludwigiiのゲノム構造解析および高度耐性化機構の解明
    第68回日本化学療法学会西日本支部総会(福岡)2020.11.6

  35. (支部奨励賞基礎部門)水野友貴、中野竜一、小川美保、中野章代、鈴木由希、斎藤恭一、安藤冴佳、矢野寿一
    本邦で分離されたカルバペネマーゼ産生肺炎桿菌が保有する病原遺伝子の解析
    第68回日本化学療法学会西日本支部総会(福岡)2020.11.6

  36. 沢田泉小田滋晃、高井利洋、横田茂永、川﨑訓昭、小田昌希、小林康志、藤掛進、峰尾幸宗
    地域の中小ワイナリーにおける 商品 ラインナップとワイン表示の課題
    日本ブドウ・ワイン学会、名古屋・オンライン、2020.12.5

講演会

1.4  吉川敏一、平野滋、阿部康二、犬房春彦『アンチエイジングスペシャルセミナー』
(アンチエイジング チャリティーコンサート、大阪)
1.12 照岡正樹『生体の電気刺激について』
(SFC集中講義 データ・ドリブン・アートby真鍋大度 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス、藤沢市)
1.18(特別講演)矢野寿一『抗菌薬を大事に使おう〜薬剤耐性菌の現状と最近の話題〜』
(大阪府・堺市医師会耳鼻咽喉科医会学術講演会、堺)
1.19(特別講演)矢野寿一『薬剤耐性菌の現状と最近の話題〜耐性メカニズムから感染防止対策まで〜』
(第219回兵庫県耳鼻咽喉科医会臨床懇話会、神戸)
2.8  照岡正樹『生体センサ・デバイスについて~脳波を主に~』
(SUACメディアデザインウィーク2020 静岡文化芸術大学、浜松)
6.16  早乙女智子 『リプロダクティブヘルス&ライツ』(リモート 慶応大学法学部) 
6.23 早乙女智子 『リプロダクティブヘルス&ライツ』(リモート 東京医療保健大学)
7.19  早乙女智子 & 富田江里子 『オモロイ大人の性教育』(リモート 大阪ドーンセンター)
8.6  早乙女智子 『リプロダクティブヘルス&ライツ』(リモート 同志社女子大学看護学科)
9.4   早乙女智子、当事者 『カミングアウトと家族』(リモート 世界性の健康デー記念イベント)
9.5   早乙女智子、木村章鼓 『避妊・中絶とパートナーシップ』(リモート 世界性の健康デー記念イベント)
9.6   早乙女智子、岩室紳也 『コロナ時代の性』(リモート 世界性の健康デー記念イベント)
10.9  早乙女智子 『ジェンダー』(リモート 女性医療ネットワーク勉強会)
10.25 早乙女智子 『ポストコロナのセクシュアリティ』(リモート 日本性科学会研修会講義)
10.25 早乙女智子  『妊娠中のセクシュアリティとその支援』
(リモート 日本性科学会第49回セックスカウンセリング研修会)
10.29(特別講演)矢野寿一『抗菌薬を大事に使おう〜薬剤耐性菌の現状と最近の話題〜』(大阪府医師会医学会、大阪)
10.30 吉川敏一『新型コロナウイルス感染症との共存』
(京都私立病院協会:これからの社会保障を考えるセミナー・PART2、京都)
11.20  早乙女智子 『セクシュアリティとお産』(リモート Umiのいえ主催)
11.21 早乙女智子 『日本の包括的性教育』(リモート Umiのいえ主催)
11.25 早乙女智子 『性感染症予防と治療』(リモート 聖路加国際大学看護学部大学院)
12.20 早乙女智子 『リプロダクティブヘルス&ライツ』(リモート 広島助産師会)

科学研究費助成事業

  1. 宇野賀津子 基盤研究(C)「血中サイトカイン動態によるリウマチ・キャッスルマン関連疾患分類と治療効果の解析」
    (令和2年度~4年度)

  2. 内山巌雄 基盤研究(C)「化学物質への非特異的過敏状態に関する脳の神経活動の評価とその改善方法に関する研究」
    (令和2年度~4年度)

  3. 高垣雅緒 挑戦的研究(開拓)「原子炉の民族誌 ―福島第一原発事故の長期調査記録―」(令和2年度~7年度)

  4. 宇野賀津子 放射線健康管理・健康不安対策事業「3.11以降の放射線関連情報のtwitterによる拡散研究を基にSNS時代に  
    即した、大規模災害時に科学的事実に基づいた情報をリアルタイムに発信していく方策の研究」
    (平成31年度~令和3年度)