2004年 研究業績

原著

  1. M. Akahoshi, M.Ishihara, N.Remus, K.Uno, K.Miyake, T.Hirota, K.Nakashima, A.Matsuda, M.Kanda, T.Enomoto, S.Ohno, H.Nakashima, J-L Casanova, J M Hopkin, M.Tamari, X-Q Mao, T.Shirakawa Association between IFNA genotype and the risk of sarcoidosis. Hum Genet, 114, 503-509 2004

  2. Y.Yasuda, N. Tateishi, T. Shimoda, S. Satoh, E. Ohgitani,S. Fujita Relationshipbetween S100βand GFAP expression in astrocytes during infarction and glial scar formation after mild transient ischemia Brain Research 1021: 20-31 2004

  3. Ohara M, Sotozono C, Tsuchihashi Y, Kinoshita S. Ki-67 Labeling Index as a Maker of Malignancy in Ocular Surface Neoplasms. Jpn J Ophthalmol 48:524-529,2004

  4. 山尾 裕、今出陽一朗、正垣一博、山本敏也、天神博志、林 泰弘、川邊拓也、岡 克彦、谷口弘毅、土橋康成 篩骨洞転移にて発見された腎細胞癌の1例 泌尿器外科 17(10):1123-1126, 2004

学会発表

国際学会発表

  1. A.Kishi, Y.Mitsuishi, A.Kokubo, K.Uno, K.Ogawa, K.Nagata, S.Takano, T.Kishida, S.Fujita Th1/Th2 Balance analyzed by the expression of CCR5/CRTH2 on peripheral CD4+T cells in cancer 国際インターフェロン・サイトカイン学会(プエルトリコ・サンファン)

  2. K.Uno, Y.Mitsuishi, N.Kan, K.Okuno, H.Saotome, J.Hamuro, T.Kishida Anti-tumor autocrine/paracrine activation pathway leading to IL-12/IL-18-stimulated IFN-γ production of monocytes in tumor-bearing patients国際インターフェロン・サイトカイン学会(プエルトリコ・サンファン)

  3. K.Uno, T.Komiya, T.Tsukamoto, S.Yonemoto, S.Tahara, T.Ito-Ihara, K.Suzuki, E. Muso Immunomodulatory Effect of Intravenous Immunoglobulin (IVIg) Therapy as Reflected in the Response of Peripheral Mononuclear Cell Fractions to Th1 inducible Cytokines in a Patient with MPO-ANCA-related Glomerulonephritis and Vasculitis第4回国際ペルオキシターゼ会議(京都)

国内国内学会・研究会発表

  1. 野中裕司、泉扶美、赤谷 薫、飯田桂子、出雲貴幸、柴田浩志、岸田綱太郎、木曽良信 植物性乳酸菌の免疫調節機能の検討(Ⅰ)日本栄養・食糧学会(仙台)

  2. 出雲貴幸、野中裕司, 岸惇子小久保あおい、柴田浩志、扇谷えり子、藤田晢也、木曽良信 植物性乳酸菌の免疫調節機能の検討(II) 経口摂取での検討 日本栄養・食糧学会(仙台)

  3. 宇野賀津子、武曾恵理、岸田綱太郎 CD4/8T細胞のIL-12応答性とモノサイトのグルタチオンスコアの病因・病態解明への活用の汎用性 第69回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(青森)

  4. 早乙女秀雄、白川和夫、宇野賀津子 PGE2のanti-CD3活性化CD4/8T細胞に対するIL-12刺激IFN-γ産生亢進作用 第69回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(青森)

  5. 岸惇子赤谷薫小久保あおい扇谷えり子藤田晢也岸田綱太郎 植物性乳酸菌の性状と免疫賦活効果 第4回日本抗加齢医学会(東京)

  6. 宇野賀津子岸田綱太郎  加齢と免疫力の指標としてのインターフェロン-α産生能の変化 第4回日本抗加齢医学会(東京)

  7. .岸惇子三石瑤子、平井博之、永田欽也、藤田晢也岸田綱太郎 CCR5/CRTH2発現による癌患者末梢血のTh1/ Th2バランス解析 第34回日本免疫学会総会・学術集会(札幌) 

  8. 宇野賀津子、古宮俊幸、猪原登志子、田原佐知子、田中麻理、米本智美、塚本達雄、深津敦司、北 徹,岸田綱太郎、武曾恵理 腎炎患者における末梢血リンパ球分画のIL12/IL18への反応性の検討  第34回京都腎臓免疫研究会(京都)

  9. 菅典道、三瀬圭一、児玉宏 HER-2/neu、ホルモンレセプターの発現からみた乳癌肝転移の予後-特に養子免疫療法の適応 第46回日本感染症学会中日本地方会総会(京都)

  10. 宇野賀津子岸田綱太郎 進行癌患者に対するOK-432前投与併用養子免疫(OK-AIT)療法におけるOK-432前投与の意義 第63回日本癌学会学術集会(福岡)

  11. 宇野賀津子、広崎真弓、杉の下与志樹、垣見和宏、白川太郎、岸田綱太郎 インターフェロン-α産生能不全と肝癌発症リスク 第34回日本免疫学会総会・学術集会(札幌)

  12. 安田ゐう子藤田晢也 ウズラの網膜と視蓋の発達過程におけるQH1陽性細胞の分布 第27回日本神経科学大会、第47回日本神経化学学会合同学会(大阪)